produced by ACE

【建築奔放】あすかとお散歩〜大阪レトロ建築2〜

2019.4.7

Construnction Industory Media

こんにちは、POPCONEモデルのあすかです。

大阪市内には高層ビルに紛れて健在しているレトロ建築がたくさんあります。今回はそんな大阪市内に点在するレトロ建築を、前回に引き続きご紹介していきたいと思います。

 

三井住友銀行大阪支店

まずこの迫力ある建物は旧三井銀行大阪支店、現在は三井住友銀行大阪中央支店となっています。

竣工 1936年
規模 地上3階
設計 曽禰中條建築事務所
所在地 大阪市中央区高麗橋1-8-13

 

典型的な三井銀行スタイルともいうべき御影石の列柱が並ぶギリシャ神殿風の新古典主義建築です。中之島にある日本銀行大阪支店に次いで、大阪市内にある銀行の中では特に銀行らしい銀行建築といえます。

設計を担当した曾禰中條建築事務所といえば、戦前期における日本最大の建築事務所のひとつです。旧三井銀行大阪支店完成の年に中條氏が、その翌年には曽禰氏が亡くなり事務所も解散状態になることから、彼らの最後の作品と言われています。

その出来栄えは彼らの集大成にふさわしいもので、北木島産花崗岩を用いたイオニア式の大オーダー(列柱)による新古典主義の外観、イタリア産の大理石を使ったコリント式の円柱が大空間を囲むメインホール、そして天井の八角形のガラス格天井と細部まで施された彩色など、細部に至るまで手の込んだ作りとなっています。

当時三井は日本最大の財閥であり、その圧倒的な財力を誇示したかのような豪華な装飾が施された内装となっています。

夜はライトアップされ、より一層壮大な雰囲気をかもし出します

 

生駒ビル

こちらは生駒時計店の本社ビルです。

竣工 1930年
規模 地上5階、地下1階
設計 宗建築事務所
所在地 大阪市中央区平野町2丁目2-12

 

1945年の大阪空襲では、コンクリート壁と各開口部の防火扉によって戦火をのがれました。その後、1983年に外壁のテラコッタの一部が落下したことを機に、外壁剥離防止及び鉄製窓枠を全てアルミサッシに替える大改修を行ったそうです。

1995年の阪神大震災の際も隣接するビルの大半が被害にあう中、直径65分の松丸太を493本基礎杭として打ち込んだ工法のためか、ほとんど被害がなく現在に至っているそうです。

(引用:大阪文化財ナビ)

時計塔ワシの石像をはじめとする装飾が一際目を引く建物です!

 

旧小西家住宅

商人(あきんど)のまちとして栄えた大阪ですが、特に薬種商人が集まっていたのが船場にある北浜道修町界隈です。そこに薬種商として営んでいた小西儀助氏が建てたのが、この旧小西家住宅です。

竣工 1903年
規模 地上2階
設計 本間乙彦
所在地 大阪市中央区道修町1-6-9

 

薬種商から発展した現在のコニシ株式会社は、現在はボンドの会社として全国的に知られています。そしてこの旧小西家住宅は現在グループ会社の事務所として使われています。

こちらの建物も太平洋戦争の戦火からも阪神大震災からものがれ、ほぼ当時のままの姿を残しているそうです。

2001年に国の登録有形文化財に登録され、2003年には大阪市の景観形成物にも指定されています。

 

高麗橋野村ビルディング

こちらは野村財閥が建てた最初の貸しビルです。現在は野村建設工業が所有者でビルに本社が入っています。

竣工 1927年
規模 地上7階、地下1階
設計 安井やすい武雄たけお
所在地 大阪市中央区高麗橋2-1-2

 

設計は大阪倶楽部なども設計した安井武雄氏です。

各階間の腰壁上端を外にせり出させた奇妙な形状は、当時ドイツ表現主義の巨匠であるエーリッヒ・メンデルスゾーンがとった手法を取り入れており、ベルリンの最新様式がわずか数年で大阪に伝わり建築になっているのも驚きです

入り口の三日月マークのライトはなかなか珍しいですね!

 

新井ビル

(引用:新井ビル公式サイト)

こちらは、元は報徳銀行大阪支店として建設された銀行建築です。

竣工 1922年
規模 地上4階
設計 河合建築事務所
所在地 大阪市中央区今橋2丁目1-1

 

銀行建築らしい、正面が左右対称のギリシャ神殿風の新古典主義建築です。こちらも旧三井銀行大阪支店のように4本の円柱が並んでいますが、比較的シンプルなドリス式のオーダー(列柱)と呼ばれるものです。

竣工からわずか5年で金融恐慌により銀行が倒産し、貸しビルとなったそうです。新井証券を経て、 1970年代から長い間1,2階はステーキハウスとして親しまれました。2005年からデパ地下でも見かける人気スイーツ店「五感本店」が営業しており、平日でもカフェは満席で賑わっています。

3階以上は現在、建築事務所やギャラリー、フランス語教室などが入居しているそうです。

私も大好きな五感!店内も開放的な吹き抜けやレトロな内装で写真映えするカフェですよ!

1997年に国の登録有形文化財に指定されています。

 

最後に

どの建築も歴史に溢れており、調べれば調べるほど奥が深いですね。戦争や災害にも耐え、人々に親しまれてきたレトロ建築。

まだまだたくさんあったので次回の記事でもご紹介しますのでお楽しみに!

今回はここまで。あすかでした!

この記事に出てきた人

オススメ記事

【建築奔放】あすかとお散歩~東京スカイツリー~

【建築奔放】あすかとお散歩~東京タワー~

【建築奔放】あすかとお散歩~東京駅緑化計画編~

【建築奔放】あすかとお散歩~東京駅編~

運営会社 / 関連事業