produced by ACE

家の中でも紫外線対策は必要?紫外線による影響や対策法を徹底解説!

2020.6.15

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONE GIRLのあすかです!

家の中でも日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が必須だと言われていますが、ついつい対策を怠ってしまう方も多いのではないでしょうか。夏に近づくにつれて紫外線が気になってくる時期になりますが、紫外線は屋外だけでなく室内にも入ってきており知らないうちに浴びているのです。

今回は紫外線が室内に入ることによる影響と原因や、室内に入れないようにするための対策についてご紹介します!

家の中に紫外線は入る?

メガネ, サングラス, 太陽, 向日葵, 眼の保護, ファッショナブルな, 保護, 目をくらませる

紫外線の種類は3つ

紫外線には地表には届かないUVC、地表には届くけれど雲で吸収されてしまうUVB、雲やガラスを通り抜けてしまうUVAの3種類があります。家の中に届いてしまう紫外線はUVAです。このUVAはエネルギーは小さいですが、肌の真皮層まで到達してしまうので、注意が必要です。

UVAとは?

UVAは波長が長いため、真皮層まで届き肌の弾力をつかさどっているコラーゲン繊維などを破壊します。コラーゲン繊維の生みの親である「線維芽細胞」も破壊してしまうため、新たにコラーゲン繊維などを作り出すことが難しくなってしまいます。UVAは地上に降り注ぐ紫外線の95%とも言われています。

紫外線は暑さもまぶしさも感じないので、無自覚に浴びている可能性があります!

 

紫外線による影響

太陽光に含まれる紫外線は、健康と密接にかかわっています。紫外線による影響には良い面と悪い面それぞれどのようになっているのでしょうか?

ここからは紫外線による影響についてご紹介します!

良い影響

良い影響としては、紫外線を浴びることでカルシウムの吸収を助けるビタミンDが体内で生成されることです。ビタミンDが不足しがちな赤ちゃんや妊婦さんは、適度な日光浴が効果的であるとも言われています。

悪い影響

紫外線を過剰に浴びることで、日焼けやシミ、そばかすといったお肌トラブルの原因になります。屋外で過ごす場合には紫外線を浴び過ぎないようにするための対処方法として、日傘日焼け止めなどがよく利用されています。紫外線は人体への影響だけでなく、室内の床や家具の劣化を促進しますので注意が必要です。

住む人と家を健康に保つためにも、しっかりと室内の紫外線対策をすることが大切です。

 

紫外線の室内への侵入を防ぐためには

Sky, Blue, Sun, 輝く, 点滅, Air, 平面, Airplane, レンズ, ドラゴン

紫外線の室内への侵入を防ぐための対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは、室内でできる紫外線対策についてご紹介します!

カーテンやブラインドをつける

カーテン, 装飾, 屋内で, 植物, 鍋植物, ウィンドウ, グレー画面, グレー工場, グレー植物

カーテンブラインドは十分な紫外線対策となります。カーテンやブラインドで紫外線を反射あるいは吸収させることで、窓際で紫外線を遮り室内への侵入を防ぐことができます。光が透けないカーテンであれば、ほぼ100%の紫外線をカットすることができます。。ブラインドも遮光した状態であれば紫外線は通しません。

直接日差しが差し込む時間帯に窓周辺で過ごすときは、なるべくカーテンを閉めるようにしましょう!

窓ガラスに紫外線カットフィルムを貼る

紫外線カットフィルムとは、通常の明かりはなるべく透過して紫外線のみをカットするように材質を工夫したフィルムです。窓に貼ることで貼る前とほとんど変わらない明るさを維持することができ、さらに紫外線対策ができます。

紫外線カットフィルムの貼り付けで最も注意すべきことは「窓の熱割れ」です。製品によりますが、単層の網入りガラスなどには貼ることができない場合があります。

通常の単層ガラスペアガラスでは問題ない場合がほとんどですが、製品の注意書きで十分に確認するようにしましょう。

窓ガラスを紫外線カットガラスにする

紫外線カット機能のみの製品は少ないですが、Low-Eガラスと呼ばれる遮熱機能を持ったガラスに紫外線カット機能も付いている製品が主流となっています。紫外線カットフィルムを貼るよりも費用が高くなってしまいますが、窓ガラス自体に紫外線カット効果があるために耐久性が高くなります。

工務店やリフォーム業者などのプロが施工するため、仕上がりがきれいで長期的に安心して使用することができます。

 

家具の日焼け対策

どんな家具でも新品の状態をずっと維持していくのは不可能に近いことです。経年劣化の原因はいろいろとありますが、日光による日焼けの影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは日光が家具にもたらす影響家具の日焼け対策についてご紹介します!

日焼けにおける家具への影響

家具の日焼けの原因は紫外線によるものです。人が紫外線で日焼けするのと同じように、家具も長い間強い紫外線を浴び続けると日に焼けてしまいます。家具の日焼けで分かりやすいダメージといえば、色褪せ(退色)です。木製品だけでなく、畳やプラスチック、革製品などさまざまな素材が日焼けによって退色します。

木製品であれば、家具の表面にひび割れささくれができてしまうこともあります。

家具が日焼けしやすい家の特徴

日当たりの良い物件は特に家具が日焼けしやすいので注意が必要です。南向きの物件は1日を通して部屋に光が入るので人気が高いですが、日差しが降り注ぐため家具が日焼けしやすいといえます。午後から夕方にかけて日が当たる西向きの物件も同様です。

日当たりの良い物件はメリットもたくさんありますので、自分の第一優先を考えて選ぶことが大切ですね!

家具の日焼け対策

家具の日焼け対策の主なものを下記にまとめました。

  • 家具をなるべく窓から遠ざける
  • カーテンを設置する
  • 窓や家具にUVカットコーティングをする
  • 紫外線に強い素材の家具を選ぶ

そのほかにも家の間取りライフスタイルによってもさまざまな対策法がありますね!

 

まとめ

自然光を取り入れて明るく健康に暮らすための窓ですが、知らないうちに人体に有害な紫外線も室内に取り入れています。もちろん屋外と比べると少ないですが、今回ご紹介したように身体だけでなく家の中にもさまざまな影響がありますので紫外線対策についても考えてみることも大切ですね。

なにも対策をせずに無自覚に紫外線を浴びていると、今ではなく数年後に後悔してしまうこともあるかもしれません。正しい知識を持って対策していくようにしましょう!

紫外線には良い影響もたくさんありますので、きちんとした知識を持っておくことが大切ですね!

以上、あすかでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

外壁塗装の色選びのコツとは!失敗しないためのポイントをご紹介!

管理建築士ってどんな資格?受験資格や特徴について解説!

雨漏りが起きたらどうする?雨漏りの原因や修理費用の相場を徹底解説!

国産材と輸入材はどう違うの?それぞれの特徴や性質を解説!

運営会社 / 関連事業