produced by ACE

「スキップフロア」でおしゃれな開放感のある空間作り!

2020.5.22

Construnction Industory Media

こんにちは、POPCONE GIRLSのれいなです!

皆さんはスキップフロアをご存じですか?スキップフロアの間取りを採用すると、開放的でおしゃれな空間に仕上がります。視覚効果以外にもさまざまなメリットがあるスキップフロアですが、デメリットや注意点など検討する前に知っておいて欲しいこともあります。

今回はそんなスキップフロアについて詳しくご紹介します!

スキップフロアとは?

スキップフロアとはフロアの高さを半階層ずらして中階層をつくる間取りのことを言います。スキップフロアは小上がりステップフロアと呼ばれることもあります。

スキップフロアの特徴

スキップフロアの特徴は横ではなく縦の空間を活用する点にあります。一般的な間取りが横に空間を活用するのに対して、縦の空間を有効活用できるのがスキップフロアの大きな特徴です。

一般的な間取りは、間に廊下を挟むことによって部屋を仕切りますがスキップフロアの間取りでは段差によって間仕切りを行えるため廊下を設置する必要は無く、壁のようにはっきりと区切るのではなく空間を繋げたままで区切ることができるのがスキップフロアの良い点です。

スキップフロアのメリット

視覚的に広く見える

スキップフロアの間取りは空間を横に伸ばすのではなく縦に伸ばす間取りの為、視線の抜けがよく実際の床面積よりも広く感じることができます。

空間を有効的に使える

段差ができることで壁や扉を付けなくても仕切りが自然にでき、独立した空間にできます。また、狭小住宅によく用いられる建築手法で廊下を作らずにすむのでデッドスペースを少なくし部屋収納を多く取ることができます。

風通しが良く日当たりがよい

フロアの段差を利用し、窓を適切な位置に配置すれば、風通しが良く日当たりの良い室内空間をつくることができます。特に南側の階段を上げれば、家の奥まで光を届けることができます。

狭小住宅と相性が良い

狭小住宅では限られた土地面積のため横の間取りは限定されがちですが、スキップフロアの間取りを採用することで狭小住宅の限られた床面積の中で天地を高くとり、空間に広がりを持たせた開放的な空間づくりができます。

収納スペースを増やせる

スキップフロア下部を収納スペースに活用することができます。一般的な住宅では床面積の9%前後が収納スペースであることが多いですが、実際は15%程度必要であると言われています。スキップフロアを活用すればデッドスペースを活かした収納スペースをつくることができ無駄なく無理なく収納スペースを増やすことができます。

スキップフロアのデメリット

建築コストが高い

階段や床板ひとつひとつに工夫が必要なスキップフロアは、普通の家をつくるよりも手間も材料も多く必要になるので建築コストがその分高くなります。

光熱費がかかる

スキップフロアのある家は部屋を壁で仕切らないため大きなワンルームのようなものです。ですので気積量が多くなる分、空調が効きにくくなり光熱費などのランニングコストがかかります。しかし、現代の住宅性能は断熱性気密性に優れているのでそこまで気にする必要はないとは思いますが、設計時に空調管理について施工会社と相談してみてもいいと思います。

遮音性は低い

スキップフロアは壁をつくることなく空間を縦に広げる間取りの為、音はあらゆるところに筒抜けになります。どうしても気になる場合は遮音カーテンなどで対応しましょう。

エレベーターが設置しにくい

スキップフロアの家を採用する場合、壁が少ないためエレベーターの設置はほぼ不可能となります。エレベーターを設置する場合は設置する場所の壁面をあらかじめ間取りのプランに組み込んでおく必要があります。

施工できる業者が限られる

スキップフロアの家は一般的に施工が難しいとされています。実績のあるスキップフロアの間取りが得意な施工業者に依頼する必要があります。

固定資産税が高くなる

スキップフロアのメリットといえば空間が広くなることです。段差をつけてスペースを作り出すので通常の1階建てや2階建てに比べると床面積が大きくなってしまいます。床面積が大きくなるということは家の資産価値が上がるということなので固定資産税が高くなる恐れがあります。

高くなるといっても一般的な2階建ての家と比較すると1万円から数万円ほどの違いですが、税金が高くなることに変わりはないのであらかじめ固定資産税のことも頭に入れておきましょう。

 

スキップフロアと相性の良い間取り

ビルトインガレージ(インナーガレージ)

ビルトインガレージとは1階や半地下に作られる住宅一体型の車庫で、ビルトインガレージをつくる場合は天井高さはそんなに必要無く、ガレージの上にスキップフロアをつくるととてもバランスが良く相性が良いです。

ロフト

床と同一フロアに作るロフトとは相性が良く、収納スペースとしても活用できます。ただし、ロフトを作っても良いかは地域によって異なるため必ず確認しましょう。

吹き抜け

開放的な吹き抜けもスキップフロアとの相性が良い間取りです。直線的で「上品」「静」の印象がある吹き抜けに「動き」を感じられるスキップフロアをプラスすることで逆に空間が締まり、遊び心のある空間に仕上がります。

 

まとめ

スキップフロアは床の一部に高低差を設けることでデッドスペースになりがちな縦の空間を有効に活用できます。スキップフロアのメリットとデメリットの両方をしっかり理解した上でスキップフロアを上手く活用すれば、暮らしのカタチに幅が生まれ満足度の高い自分たちの理想の暮らしに近づけることができます。

部屋を広く見せたい収納スペースを増やしたい室内空間にメリハリをつけたいという方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

本日はここまで!以上、れいなでした!

この記事に出てきた人

オススメ記事

モルタルとコンクリートの違いとは?使い分けや強度の違いを徹底解説!

ベランダをフル活用!楽しく快適な「新しい生活様式」

平屋とはどんな家?平屋の魅力を徹底解説!

「所有権」と「借地権」とは?それぞれの違いを解説!

運営会社 / 関連事業