produced by ACE

寒い時期の現場作業は要注意!冬のおすすめの防寒対策

2019.11.3

Construnction Industory Media

こんにちはPOPCONEモデルのあすかです!

暑い時期が終わり、肌寒い季節になりましたね。夏の現場作業では熱中症対策について取り上げておりましたが、冬の現場作業では寒さ対策が必要になります。暑さ同様、寒さを感じることで身体に大きく影響がでてしまい、作業効率の低下事故に繋がります。

今回は、寒い時期の現場作業を安全に行うための寒さ対策についてご紹介します!

寒い現場では作業効率が悪くなる

寒さを感じることで作業にどのような影響がでてしまうのでしょうか?

なぜ作業効率が悪くなるのか

寒さを感じることで特に作業効率に影響がでるのは手がかじかんでしまうことです。手がかじかむことで思うように指が動きにくくなったり、握力が低下したり、物を持ったり触ったりしている感覚が奪われてしまいます。手袋をつければ?と思うかもしれませんが、繊細な作業が必要となる現場作業では全ての手を覆う手袋をつけることができない現場がほとんどです。まずはこの手を寒さから守ることで、作業効率が悪くなることを避けることができるでしょう。

怪我や事故の危険性が上がる

身体が寒さを感じることで防衛本能が働き、体温の低下が防ぐために身体を丸めたり身体が震えるという生理的反応がおこります。寒さは身体の筋肉を硬直させてしまい、動きが鈍くなったり怪我がしやすい状態になります。暖かい時期と同じように動いていたとしても、寒い時期では怪我をしてしまう危険性があるのです。

ですので、怪我や事故を防ぐためにも身体をできるだけ冷やさないようにするということはとても大事なことです。

身体が震えることをシバリングと言います。シバリングは1分間に最大200〜250回も全身の筋肉を小刻みに震えさすことによって熱を生成し体温を保つための生理的反応です。安静時と比べると最大で6倍の熱を産生できるようです!

 

冬にオススメの防寒対策

指なし手袋

現場作業では手の全てを覆う手袋をつけることができないことも多いようです。そのような現場でオススメなのが指なしの手袋です。指なし手袋とはその名の通り指の部分だけ覆われていない手袋で、指先で繊細な作業をすることができます。また作業用の指なし手袋では、滑りどめがついていて工具を落とさないような工夫もされているものもあります。

手袋によって、装着していても物を持った感触がしっかりと伝わるタイプもあります。作業する現場によって手袋を選ぶことがオススメです。

さまざまな種類のカイロ

カイロは冬の定番のアイテムです。現代では用途に合わせたカイロがでています。足の指先を冷やさないようにする足もとのカイロ、服の中に貼って肌に直接ふれても大丈夫なカイロなどさまざまです。必要なものを選んで腰や背中などに貼ることで全身を冷やさないように工夫し、作業効率が落ちないようにするのが重要です。

ネックウォーマー

首を保温するにはネックウォーマーがオススメです。服をたくさん着込んで首が外気に晒されていると全身に寒さを感じてしまうと言われています。首もとを暖かくしておくことで寒さをしのげるだけではなく、喉をひやさず温めておくことができ、風邪予防にも効果があります。

作業用電熱服

暑い夏の現場には、服の中に風を送りこむことができる空調服が役にたちました。冬の現場にはその逆で着ている人を暖かくすることができる電熱服というものがあります。

電熱服とは服の中に電熱がとおっており服そのものを温める効果があります。充電式のバッテリーで服の電熱を作動させることができ、寒い日でも快適に作業することが可能です。また電熱服をきることによって、中に着込む枚数を減らすことができて動きやすく作業がしやすいといった効果もあります。

今では軽量化が進んでいて、ベストジャケットコートなどさまざまなタイプの服が販売されています。見た目にも電熱服だとはわからないものも多く、ファッショナブルに活用できるものもオススメポイントのひとつになっています。

電熱服は電熱線の温度調整ができるため、作業中身体が温まってきたら電熱を弱めたり、逆にとても寒い時には温度をあげたりすることができるタイプもあるようです!この冬一着もっていると快適に作業ができそうですね!

 

まとめ

夏の暑さによる熱中症も危険ですが、冬の寒さによる危険もたくさんあるようです。

身体が冷えると筋肉が硬直し身体が思うように動かなくなります。その結果作業に支障がでたり、普段通りの動きでも身体の筋を痛めたり怪我や事故につながることがあります。また手が冷えることによって感覚が鈍くなり、作業が非効率になったり持っている物を高所から落下させてしまう恐れもあります。

身体が冷えた状態で作業することは現場にとっても自分にとっても危険なことであるため、上記でお話したような防寒グッズでの対策が非常に重要です。

夏でも冬でも、外で作業をされている方は特に対策が大事ですね!雪が積もる地域では作業前に除雪作業をしたり、除雪のことを頭に入れながら作業をしているそうです。安全に現場で作業ができるようにまたオススメのグッズがあればまたご紹介していきたいと思います!

以上、あすかがお送りしました!

次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

現代人にタワーマンションが人気!「タワマン」に惹かれる理由とは

運営会社 / 関連事業