produced by ACE

建築中のお家が雨で濡れてしまったら?対応方法と注意点とは!

2020.7.13

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONE GIRLSのまいです!

新築一戸建ての工事中の方は、工事現場や工事のスケジュールだけでなく雨による建築中の建物への影響も気になるところですよね。「このまま工事を進めて問題ないのか?」と不安になる方も多いかと思います。せっかくのマイホームが、建築中に大雨で濡れたとなれば心配になりますよね。

今回は、工事のタイミング別に見る現場の雨対策建物のチェッポイントについてご紹介します!

工事段階による雨対策

男, 雨, 雪の降雨, だけで, たばこ, 帽子, シルエット, 孤独です, 気分, 男性, 人, うつ病

一戸建ての建築中の雨対策とひとくくりに言っても、工事のタイミングによって対策方法は変わってきます。

ここからは、それぞれの工事段階の雨対策についてご説明します!

基礎工事中

基礎の鉄筋までは組んだもののコンクリートの打設(流し込み)がされないまま雨で工事が中断してしまった場合は、鉄筋がむき出しの状態になっています。ですが、鉄筋は多少錆がついても過度に心配する必要はありません。工事を再開する際に、ワイヤーブラシなどで清掃する程度で基本的にはOKです。

コンクリートの打設後は、基礎と建物をつなぐ「アンカーボルト」がサビていないか注意が必要です。アンカーボルトは錆防止の加工がされていますが、長時間雨にさらされた場合は表面の加工がはがれて錆びてしまうこともあります。

表面の加工がはがれてしまうと、空気中の水分で錆びてしまうこともあります!

上棟前

上棟まであと少しのタイミングで工事が中断してしまった場合に注意するべき点は、1階の床下地合板は濡れないようにしっかりと養生をすることです。通常は木材が濡れても乾燥すれば問題ありません。近年使用されている木材は、内部の奥まで乾燥した「乾燥材」と呼ばれるものを使用しています。表面が濡れても水分が奥に染みこむのには時間がかかりますので、雨が上がれば乾燥し始めて元の状態に戻ります。

茶色に変色している程度なら問題ありませんが、乾燥した後も凸凹していたり、水を吸って異常にふくらんでいたりしている場合は要注意です!

上棟後

上棟が済んでいる場合はそこまで心配する必要はありませんが、木部など変色しているところがないかをしっかり確認しておきましょう。上棟はしたものの、防水工事をしないまま雨水が溜まってしまっていたり湿った状態が続いたりすると、カビや腐食の原因になることもあります。

工事再開時には念のため機械を使って木部の含水率を確認するようにしましょう!

外壁の施行まで終了

外壁の施工まで完了していれば、雨の影響を受けることは少ないのでそこまで心配しなくても大丈夫でしょう。ただし、工事再開のタイミングでは室内側に雨染みがないかを念のためしておくようにしましょう。

雨で敷地が冠水して床下に雨水が浸入しているケースもありますので注意が必要です!

 

雨の日の建設中にチェックすべきポイント

雨, 画面, 傘, 雨滴, ウェット, 天気, 雨の天気, 点滴, ドロップ水の, 水, 雨の日, ビーズ

濡れてしまっている箇所によってどれほどのリスクがあるのでしょうか?

リスクが少ない箇所としては、基礎配管の鉄筋が濡れているときや基礎のコンクリートの中に水たまりがあるときです。鉄筋はさびてしまっても影響はないので、乾燥するのを待てば大丈夫です。

基礎のコンクリートも、ひび割れを防ぐために水をまく湿潤養生という方法もあります!

排水処理

基礎コンクリートを打設する際は、雨水をしっかりと排水した上で行わないと強度に影響が出てしまいます。一般的にはしっかりと排水を行ってから行いますが、現場管理が甘い会社も稀にあるのでしっかりと確認しながら建設を進めていきましょう。

構造用合板

次にリスクが大きい箇所は、構造用合板と呼ばれる屋根の下地材が濡れてしまったときです。壁や床などの基礎となる下地材のため、まっすぐでなければいけません。しかし雨漏り等で凹凸が出来てしまうと、耐震性や耐風性が弱まってしまうことや床鳴りに繋がってしまいます。完全に乾燥しないまま施工を行うとカビが繁殖してしまう場合もあります。

使用中の下地材だけでなく、未使用の下地材の状態もしっかりと確認しておくことが大切です!

 

床下に雨水が残ると大変?

施工途中に床下に溜まった水はできる限り早く排水して乾燥させる必要があります。早期に排水して乾燥させれば何も問題が起こらないですが、長期間の放置により床下でカビや腐食が確認されることがあります。床下の湿度が高い状態が長く続くのは良くないです。適切な対応方法としては、早期に排水及び乾燥をさせて木部の含水率を計測することです。

乾燥していなければ、機械的に風を送って換気量を増やすなどの対応をするようにしましょう!

 

雨の影響は工法でも異なる

雨が与える影響は、注文住宅の工法によっても異なります。一般的に、2×4工法よりも在来軸組工法の方が建築中の雨に強いとされています。在来軸組工法が雨に強いといわれている理由は、早い段階で屋根を作るうえに外部が閉まるまで時間があるからです。2×4工法は壁などを作ってから最後に屋根を作ります。屋根ができるまでバケツのような形状になるうえ気密性が高いので、建築中は雨に弱いとされているのです。

建築会社は養生などで対策を行ないますが、2×4工法の住宅を建てる方は雨に注意が必要かもしれません!

 

台風の際の注意

台風, 海, 嵐, 夕方, 大波, 荒波, 海水, 水, 雨, 風, 暴風, 荒れる, 防波堤, 柵, 歩道

台風は早ければ7月ぐらいから発生しやすくなり、8月から9月にかけていくつも発生するときがあります。台風は風を伴うので、せっかくビニールなどで養生をしても飛ばされてしまうこともあります。着工する時期は台風を避けるのがベストと言えますね。上棟日に柱や屋根を作り上げるので、その日に降っていなければある程度計画的に建設することができます。建築期間は数ヶ月になるのでその間に全く降らないことはありません。

台風の時期を避ければ、大きな問題になることはないでしょう!

 

まとめ

雨が建築中の住宅に与える影響はケースにより異なります。一般的に、基礎や建材が濡れたまま工事を進めると悪い影響が現れやすいとされています。雨の多い季節に家を建てる方や、工事が遅れている方などは注意が必要です。また、雨の影響は工法でも異なります。ほとんどの建築会社は適切な雨対策を行なってくれますので、基本的には心配ないと考えられますが、気になる点がある方は建築会社に確認するようにしましょう。

工程への影響引き渡しまでのスケジュールについても、状況に応じて確認しておくと良いですね!

以上、まいでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

モルタルとコンクリートの違いとは?使い分けや強度の違いを徹底解説!

ベランダをフル活用!楽しく快適な「新しい生活様式」

平屋とはどんな家?平屋の魅力を徹底解説!

「所有権」と「借地権」とは?それぞれの違いを解説!

運営会社 / 関連事業