produced by ACE

大規模修繕工事でよく起きるトラブルと対策方法

2019.6.19

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEインタビューのなっちです。

マンションの大規模修繕工事の際によく起こるのが入居者とのトラブルです。入居者とのトラブルにはいくつかの原因がありますが、トラブルにならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、大規模修繕工事時に起こりやすいトラブルの原因とその対策方法についてご紹介していきます

大規模修繕工事時のトラブルの原因

騒音問題について

マンションの大規模修繕工事の中でも特に多いトラブルがこの騒音問題です。

この音に関してよくあるクレーム内容は下記の通りです。

  • TVの音が聞こえない
  • うるさくて眠れない
  • 赤ちゃんが眠れない、または起きてしまった など

マンションの外壁などをドリルなどを使って工事する際の音がマンション内部にある建材を伝わって入居者への部屋まで響き渡ります、入居者の中には夜働いて、昼間は寝ているお仕事をされている方もいるかもしれません。そういった入居者にとって、日中の大きな音というのはとても辛いでしょう。

入居者の方のライフスタイルによって、影響が大きく変わってきますね。だからといって工事をおろそかにするわけにもいけないので、入居者の方のストレスが軽減できるような対策が大事になります

異臭問題

大規模修繕工事の中でも欠かせない工事のひとつが塗装工事です。マンションの外壁保護、防水、外観をよくするといった効果が期待できます。

しかし、塗装に使う塗料の異臭が部屋に侵入してしまうことがあります。異臭によって、喉がいたくなったりめまいがするなどの身体への不調をうったえる方もいます。入居者の方々には換気ができるタイミング施工期間などを伝えておく必要性があります。

プライバシー問題

建物の隅々までしっかりと工事を行うために、マンションの周りには足場を組み工事をする必要があります。足場は地上から屋上まで組まれていることが多く、その足場から部屋の中が見えてしまい、入居者が不快な思いをするというトラブルになることがあります。日中ではありますが、カーテンを閉めきってもらうなど入居者側にも対策をしてもらう必要があります。

工期の遅れ

上記のように、大規模修繕工事中は入居者側も多くの気遣いが必要となります。工期が長くなることで、早く工事を終えて欲しい入居者からのクレームになることがあります。施工のスケジュールを管理することはもちろん、もし工期が伸びることがわかったら一刻も早く入居者へ説明をすることが重要だと言えるでしょう。

大規模修繕工事はマンションでの暮らしに安心と安全を与えてくれるものですが、工事中は入居者の方にも多くの気遣いをしてもらう必要があるんですね

 

トラブルにならないための対策方法とは

クレームの内容がわかったところで、次にトラブルにならないための対策方法についてご紹介していきます!

書面の配布と説明会の実施

大規模修繕工事は点検や見積もりから着工にまで時間があります。その間にマンションの管理会社やオーナーはしっかりと入居者の方に工事の内容や注意事項を伝えるための説明会を開いたり、書面などでも配布しておきましょう。

特にトラブルが起こりやすい部分は入念に伝えておきましょう。

  • 修繕工事をする意味
  • 工事の期間
  • 音がする期間
  • 臭いに気をつける期間 など

説明会で伝えたから大丈夫!ではなくて、説明会が終わって工事が始まり、特に気をつけて欲しい時期の前に再度書面などで通知しておくことも有効な手段です

対策方法を提示してあげる

臭いがキツくなる期間や騒音に関してはしっかりと時期を伝えた上で対策方法を提示しておきましょう。

対策には例えば下記のようなものがあります。

  • マスクなどを配布して着用するようにしてもらう
  • 部屋の換気は夜か明朝にしてもらう
  • 音のでる時間帯は外出してもらうようにする
  • 耳栓などの配布しておく など

修繕工事の内容に合わせて少しでも入居者の方が不快にならないような工夫をすることが大切です。

入居者に挨拶まわりを

対策を徹底しても、何かしらの迷惑をかけてしまうことがあるのが大規模修繕工事です。トラブルにならないためには、管理会社やオーナーがひとりひとり誠意をもって入居者とコミュニケーションをとることが非常に重要です。

説明会や書面ももちろん大事ですが、一番はしっかりと理解していただくことが重要です。入居者ひとりひとりの玄関まで訪問してというのは大変ではありますが、そういった丁寧な対応によって入居者の理解を得ることができ、クレームやトラブルを防ぐことにも繋がってきます。

 

まとめ

今回紹介したことを下にまとめました!

よく起こるトラブル 対策方法
騒音問題 音の出る期間を告知し、外出や耳栓などの対策を伝える
異臭問題 マスクの着用臭いの出る期間の換気の徹底
プライバシー問題 日中でもカーテンを閉めてもらう
工期の遅れ 工期の遅れがわかった段階で入居者に伝え、対策が必要な時期を再度伝える
工事内容が伝わっていない 書面や説明会だけではなく、一戸一戸挨拶周りをしておく

 

トラブルの多くは入居者に工事の内容が伝わっていないことで引き起こります。大規模修繕工事はマンションにとっても必要不可欠な工事です。しっかりと説明が伝わっていれば入居者の方もきっと理解してくれるでしょう。

居者とのコミュニケーションをとることが重要ということですね。お互い理解した上でスムーズな大規模修繕工事ができるように心がけていきましょう

以上、なっちでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

毎日のお風呂を快適に!浴室の「床材」の選び方

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

運営会社 / 関連事業