produced by ACE

夢の注文住宅を建てる!子育てにも良い住まい造りとは?

2019.8.14

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEインタビュアーのなっちです!

誰もが憧れる夢のマイホーム!家では長い時間を過ごすことになりますので、快適で居心地のいい空間にしたいですね。今回は家族が快適に暮らせて子育てにもピッタリな住まい造り、注文住宅についてご紹介したいと思います!

自分の家族のライフスタイルに合わせて造れるのが注文住宅の魅力ですね!

世界に1つだけのこだわり注文住宅

注文住宅とは?

注文住宅とは注文してから建築する住宅のことで、施主の方と建築会社が何度も打ち合わせをしてから建て始めます。 もし土地を持っていない場合は土地を購入するところから始まります。

注文住宅は、フルオーダー住宅セミオーダー住宅の2つの種類に分類できます。

フルオーダー住宅

フルオーダー住宅は使用する木材や断熱材、窓の種類といった仕様から新築に関わるすべての項目について、依頼者が指定して計画する住宅のことをいいます。自由度は高い反面かなりの建築知識が必要で、加えて圧倒的に手間がかかります。

しかし、自分好みの世界にひとつだけの住宅を建てられるのが最大のメリットといえます。

フルオーダー住宅は完成までにある程度の時間を要するため、資金も時間も豊富にある最高品質を求める人向けの建築方法といえるでしょう。

セミオーダー住宅

一方、セミオーダー住宅は基本的な仕様があらかじめ決まっています。セミオーダー住宅において決め手ができるのは以下のようなことです。

  • 風呂や洗面台
  • トイレ、キッチンなどの住宅設備の色
  • 外壁の色
  • 必要に応じて設備のグレードアップ・グレードダウン

セミオーダー住宅でも間取りは依頼者が決めることができるため、かなりの建築知識と豊富な資金が必要なフルオーダー住宅に比べてセミオーダー住宅を選択する人が圧倒的に多いといわれています。また建築会社側にも、あまりにも手間がかかるという理由でフルオーダー住宅を嫌う会社もあるようです。

注文住宅という場合、それはほとんどセミオーダー住宅のことを指していると思って間違いないでしょう。

ただし中には注文住宅といいつつ、規格図面を提案している建築会社もあるため依頼する際は注意が必要です。

予算に合わせた計画が可能

注文住宅では、予算に応じた住宅を建てることができる点もメリットです。注文住宅はこだわりを形にしたい人にとっては最適の家づくりといえます。

逆に、こだわりの少ない部分についてはグレードを下げてコストダウンをすることも可能です。家づくりを計画していくうえで、予算をオーバーしてしまうのはよくあることですので、こだわらない部分を安く抑えて予算を調整することを検討してみましょう。

こだわりの優先順位を決めておき順位の高いものから実現していくようにすることがポイントです。

家が出来ていく過程を見ることができる

もう1つのメリットは建築現場の確認作業ができる点です。

建売住宅を購入した場合は、建物ができあがっていく段階を見ることはできません。しかし、注文住宅なら設計の段階はもちろんのこと建物ができあがっていく途中段階を実際に見ることができるのです。

フルオーダーはとても大変そうが、完成したときに達成感や満足感がありそうですね!

 

子どものことを考えた住まい造り

子どもは何でも遊びに変えることができる天才です!できるだけストレスなくのびのびと過ごしたいですよね。子どもの年齢によってお家の使い方はどのように変化していくのでしょうか?

家族団欒で過ごせる空間

子どもに自立心が芽生えてくるまではお母さんやお父さんといつも一緒いられる団欒の空間を用意しましょう。子どもにとって安心感がありますし、うれしいことやできるようになったことを一番に報告できるでしょう。

また、子どもが家の中でひとり遊びができるようなっても、おもちゃなどを誤飲しないか見守りながら家事をしたりくつろぐことができます。

子どもが安全な空間に

小さな子どもにとっては普段大人が使っているものが事故の原因になることもありますので、常に気をつけなくてはなりません。

  • ストーブにストーブガードをつける
  • コンセントにコンセントキャップをつける
  • キッチンに入れないようにベビーガードをつける
  • お風呂のお湯は抜いておく

このように、「ここではこんな危険につながるのではないか?」と考えて工夫し日々生活していきましょう。

リビングダイニングを広く見通しのいい造りに

家族が集うリビングやダイニングなどを広めに取ることで子育てがしやすい間取りになります。さらにキッチンと自然につながるように動線をつくれば、赤ちゃんが眠っていたり、遊んでいるのを見守りながら家事ができます。

リビングの一部を畳敷きに

リビングやダイニングの一部、連続している部屋を和室(畳敷き)にするのも便利です。お子さんがお昼寝をしているときにお母さんが洗濯物をたたんだり、ひとりの時間を楽しんだりと、とても便利なスペースができます。

また、スペースを引き戸で区切ることができれば、おじいちゃんやおばあちゃんがお孫さんに会いに泊まりにきたときなどにも活用できます。

広い玄関なら子どもの持ち物が増えても大丈夫

小さな子どもがいると持ち物はとても多くなります。特にベビーカーを使っている期間中はベビーカーを玄関内で広げられるだけのスペースがあればお出かけの際も荷物の準備がしやすくなります。

ベビーカーを使用しなくなると今度は子どもの雨具などが増えていきます。下駄箱収納を大き目につくっておく、もしくは玄関脇に土足のまま入れるウォークインクローゼットをつくっておくとお出かけのときの準備もはかどります。

収納が大きいと急な来客でもすっきりとしたきれいな玄関を保っていられます。

増え続けるモノを収納で隠せる玄関作りも、注文住宅ならではです。

小学校高学年以上になったら

子どもの成長に合わせたつくり方ができるのも注文住宅のいいところです!工夫次第で部屋を増やせる造りにしておくことで、兄弟がいるご家庭でも安心です。

成長に合わせて間仕切りをフル活用

兄弟が幼いうちは広い子ども用スペースを共用し成長して自室を欲しがるようになればそのスペースを本棚で区切り1つ1つの部屋にすることもできます。このように自由自在な部屋づくりができ、子どもが自立して行く頃にはその間仕切りを移動させひとり当たりの部屋の面積を広げてあげることもできます。

最終的にお子さん全員が自立したのならばまた元通りの広い部屋に戻し、子どもが遊びに来たときなどの宿泊スペースにすることもできます。

壁を設けないからこそ自由が利く、注文住宅ならではの遊び心ある部屋作りの方法です。

顔を合わせなくとも存在を感じられる空間

リビングを通らなければ上階へ上がれないリビング階段も子育て世帯に人気です。学校や遊びに行った帰りに落ち込んでないか、怪我や具合の悪いところはないかと見守ることができます。家の中心部に吹き抜けを作ると、顔を合わせなくとも人の存在を感じることができ、孤独感が感じにくくなります。

あたたかい家族関係を作るためにも注文住宅なら、間取りの工夫や細心の注意を払って設計施工してもらえますので安心です。

それぞれの家庭の方針に合わせた住まい造りでこれからがとても楽しみになりますね!

 

今のおうちを暮らしやすくするリフォーム

子どもが独立しすると夫婦だけでは広さを持て余してしまうかもしれませんが、住み替えせずに今後も愛着と思い出のあるお家で暮らしたいですよね。

そんな時にオススメなのは大規模リフォームです。生活に合わせて間取りを変更するだけでなく築年数を重ねた家を補強したり、老後も安心して暮らせるようバリアフリー化やスロープえ、手すりを付けたり、 外壁や内装デザインも変わった新しい家で第2の人生を踏み出すことができます。

大規模リフォームのメリットは以下の通りです。

  • 柱など、長年暮らした愛着のある建物を生かすことができる
  • 建て替えに比べ、総コスト(工事費・諸費用・各種税金)が抑えられる
  • 低コストで外装、内装を新築同様に刷新できる
  • 建て替えに比べ、工期が短い

早い段階でバリアフリー化しておけば、それだけその環境にも適応しやすくなります。厚生労働省の「人口動態統計」によれば65歳以上の家庭内事故による死者数は交通事故者よりも多く、家の中を安全に設計しておくことがいつまでも健康的に暮らすことにつながります。

 

 まとめ

注文住宅の設計は一生を快適に暮らすための大きな家族会議と言えます。趣味や子ども、ペット、老後などさまざまな要素を踏まえて設計していくのは大変ですが、それだけのこだわりが詰まったお家は家族の宝物になります。

両親ともに働く家庭が多いので忙しい時間の中に家族でいる空間家族を感じられる空間を持てる家を造ったり、子どもが巣立ったあとの夫婦だけでゆっくりできる空間各々の趣味部屋があれば楽しい人生が送れそうですね。

壁紙や間取りなどひとつひとつを自分のこだわりに造っていける注文住宅!みなさんもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

以上、なっちでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

毎日のお風呂を快適に!浴室の「床材」の選び方

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

運営会社 / 関連事業