produced by ACE

現場女子×アーティスト!ハイブリッド職人女子の小林菜奈を徹底解剖

2020.1.6

Construnction Industory Media

こんにちは、小林菜奈です!

私は現在塗装職人として働きながら芸能活動をしています。今回は私がどうして現在の仕事をするようになったのか、他にどのような活動をしているかなどをご紹介してきたいと思います。

建設業界に入ったきっかけ

まず、私がこの業界に入ったきっかけをお話しします!

私は赤ちゃんのときからモデルをやっていて、中高生のときはファッションショーや撮影のお仕事をしていました。そこからアパレルの仕事に興味を持ち、その他にもガソリンスタンドスタッフや居酒屋のバイトなど掛け持ちしてフリーターとして働いていました。

21歳の頃、友人から「一緒に仕事をしようよ!職人って面白そうじゃない?」と声をかけられました。軽いノリから塗装業を始めることになりましたが、入ってみるとそこは解体業でした(笑)

「聞いてた業種と違う、どうしよう……」と思いつつも断ることの気まずさから解体業を始めましたが、やってみると面白く気が付いたら3年半続けていました。一緒に始めた友人は半年で辞めてしまいましたが(笑)

解体業は奥も深く、自分のメンタル的にも入り込むことができました。

 

解体業から塗装業へ

解体業を辞めた後、今から1年半前に縁があって出会った塗装業を始めることになりました。最初は右も左もわからない状況でしたが、今ではもう慣れて現場をまかされるようになりました。主な私の仕事は一軒家の屋根外壁マンションの腰壁天井改修工事などの塗装です。

気づいたら職人の仕事をトータル4年半続けていました。もちろん職場では綺麗な服を着ることはできず、逆にホコリまみれになって汚れることが多いです。重たいものを持つこともあり大変な作業ですが、やりがいがあります。周りの方が仕事の段取りを組んでくれることもあり働きやすい環境で続けることができています。

仕事を続けていくうちにひとりの職人として扱ってもらえるようになったのが嬉しかったです。それだけではなく、塗装の仕事は私の夢を叶えるためにも最適なんです!

 

マルチに活躍できるアーティストになりたい!

私は30歳まで芸能活動を頑張ることを心に決めています。先ほどお話したように、赤ちゃんの頃からモデルの仕事をさせていただいてるうちに、歌手としても活動したいと思うようになりました。

可愛さが売りのアイドルをやっていたこともありましたが、私には全然向いていませんでした。同じアイドルでも、アーティストとしてパフォーマンス力のあるアイドルを目指します。

やりたいことはたくさんあります!バラエティ番組などに出るYouTuber、タレントとしての活動、歌手としての活動、170㎝の身長を活かしてモデルとしての活動など、自分を発見するためにもいろんなことに挑戦していきたいと思っています。

職人の仕事は芸能活動のスケジュールが組みやすく、実はとても両立しやすいんです!

 

まとめ

塗装業と芸能界という正反対の仕事をしている私ですが、毎日がとても充実しています。今は職人をしながら知り合いのLIVEハウスで歌を歌わせていただき、日々知名度を上げるために頑張っています。先日某オーディションにも合格することができました!来年から本格的に歌手活動はじめ、曲の制作やカラオケ配信も行う予定です。

続けて曲をリリースするためにも、これからがスタートだと思っています。職人の仕事ができる女性アーティストはなかなかいないと思うので、どんどん広めていきたいです。

私のことを見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね!

以上、小林菜奈でした。

この記事に出てきた人

オススメ記事

進化し続ける自宅のお風呂!お風呂選びの際のポイントとは?

屋根の雪は落とさない!?雪国地域の屋根事情!

街が輝きだす世界に誇る日本のイルミネーション

省エネとは何?私たちにできる取り組みとは

運営会社 / 関連事業