produced by ACE

GWの時間を有効活用!DIYは初心者でもできる!?

2019.4.28

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEインタビュアーのまあこです。

GWはどこに行っても人が多くて結局家で過ごしちゃうという方、最近よく耳にするDIYにチャレンジしてみませんか?DIYは少し手間をかけることでコスパがよくて可愛い家具や小物を作ることができます。

今回は、自分好みのインテリアが作れるDIYについてご紹介します!

DIYとは

Do It Yourself

DIYとはDo It Yourselfの略で自分でやろうという意味があります。ホームセンターで既製品を購入したり、専門の業者に製品の制作を注文したりするのではなく、すべてを自分自身で作り上げていくことがDIYです。

DIYのメリットは大きく3つあります。

  • 専門の業者に頼まないので安い
  • サイズや色など自分好みの物が作れる
  • 完成した時の達成感が味わえる

設計から組み立てまで自分自身で行なうので、家にあったこだわりのインテリアを自分の手で作れることがDIYの魅力です。

DIYに必要なもの

DIYをするにあたって、持っていると便利な道具にはこのようなものがあります。

  • ノコギリ
  • かなづち
  • ドライバー
  • 紙やすり
  • カッター
  • ペンチ
  • 定規やメジャー

カッターナイフで物を切る時はまっすぐ切れるように少し長めの定規などがあれば、作業がはかどります!

DIY作業の順番

DIYで必要なものが揃ったら、次は下記の流れにそって作っていきましょう!

  • 作りたいものを設計図に書く
  • 必要な材料を用意する
  • 材料をカットし、塗装する
  • 組み立てる

完成像を思い浮かべながら作っていくのはとてもわくわくしますね。

ここで最も重要なのは設計図です。設計図がしっかりしていないと材料が足りなかったり、想像と違うものができてしまうことがあります。設計図にはしっかりと時間をかけましょう!

 

DIYは初心者でも大丈夫

DIYは100均の材料でも可能

DIYに使う材料や道具は、ホームセンターなどでも気軽に購入することができます。さらに、ホームセンターで購入した材料は使用したいサイズに切ってもらうことができます。

しかし、ホームセンターに行って材木やネジを準備するのは少し面倒という方もいるかと思います。そのようなときは100均で買える材料を使ってDIYにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?例えば100均で売っているすのこワイヤーネットを使うだけでも、さまざまなDIYをすることができます。

ここからはすのこやワイヤーネットで作れるものをご紹介します!

すのこ

100均で売っているすのこは、アイディア次第で色々なものが作れます。

  • 収納ラック
  • マガジンラック
  • 本棚
  • 壁面収納

100均のすのこを使うメリットとしては、硬くないためノコギリで切る際にあまり力が必要ではないことです。

ワイヤーネット

ワイヤーネットを使用することで下記のものが作れます。

  • 収納棚
  • キッチン用品収納
  • テレビの配線整理

ワイヤーネットのメリットは、軽く持ち運びがしやすいことです。

100均で売っているまな板や瓶を使ってDIYをする方もいます。家に足りないインテリアを、100均の材料を使ってDIYしてみませんか?

 

DIYの資格試験「DIYアドバイザー」

DIYアドバイザーとは?

DIYには「DIYアドバイザー」という資格試験もあります。住まいの補修や改善を自身の手で行い、快適な生活空間で暮らしたいという方を対象に、DIYの指導や相談にのる人のことをさします。

DIYアドバイザーには3つの役割があります。

  • DIYをする人に対し、各ニーズに応じた材料の選択や作業方法について相談にのり安全に必要な指導や助言を行う
  • DIYに関する講習会やサークル等において講師等として、DIYの普及指導にあたる
  • 快適で豊かな生活文化の形成に貢献する

DIYを楽しく安全に教えることがDIYアドバイザーの役割ですね。

DIYアドバイザーの試験内容

DIYアドバイザーの試験内容は一次試験の学科と、二次試験の実技・面接があります。

一次試験 (学科)

  • 1.住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識
  • 2.DIY用品に関する知識
  • 3.DIYの方法に関する知識
  • 4.DIYの関連法規に関する知識
  • 5. 1~4に掲げるものの他、DIYに関する基礎知識

二次試験 (学科)

  • 6.DIYに関する実技の能力
  • 7.DIYをする人の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力

DIYにチャレンジし、もっとDIYについて知りたい、DIYを広めていきたいと思われた方はDIYアドバイザーの資格取得をし、DIYを広めていくのはいかがでしょうか?

 

まとめ

DIYを難しく考えていた方も、少し自分でもできそうなイメージができましたでしょうか?最初は棚など小さく簡単な物から作ってみるのがオススメです。小さい物から作りだすことで、DIYのコツを掴むことができ、次に椅子や机、上級者になればベッドなども自分で作れるようになります。

DIYは好きな材料を組み合わせたり、好きなデザインを思い通りに作ることができるので、DIYを活用することで、きっと素敵なお部屋ができあがると思います!ぜひ、興味がでた方はこの大型GW中にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

では、今回はまあこでした!

次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

地球の未来につながる資格、造園施工管理士とは?

流行りのIoT化が建築業界にもたらす影響とは!?

【玉掛け技能講習修了】重宝される!現場で人気の資格

【建設業経理士】キャリアアップにおススメの資格!

運営会社 / 関連事業