produced by ACE

高い建物で光っているものは何?航空障害灯とは

2019.5.19

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEモデルのまあこです!

夜、高い建物の上で何かが光っているものを見たことはありませんか?あの光は、航空障害灯といって飛行機が衝突しないように灯火しているのです。

しかし、高い建物の中にも灯りのあるものとないものがあります。では航空障害灯を取り付けるのは、どれくらいの高さからなのでしょうか?

今回は、航空障害灯の決まりなどについてご紹介します

航空障害灯とは?

航空障害灯

航空障害灯は、超高層ビルやタワークレーンなどが航空機と接触しないよう、航空機の航行に対しての安全を確保するための灯火です。航空障害灯には赤い光や白い閃光があり、光を放つことで、航空機に対して建物や重機の存在を伝えて安全の確保を行っています。

近年では超高層と言われるようなとっても高い建物が次々に建てられていますし、航空機も夜の便が増えているようです。大惨事にならないために、光を使って安全を確保しているということですね

義務づけられている高さと航空障害灯の種類

航空障害灯には種類があり、これらは高さによって使い分けられます。

低光度赤色航空障害灯 60m以上150m未満の建物に設置
中光度赤色航空障害灯
高さ150m以上の建物に設置

低光度航空障害灯

低光度航空障害灯は、10cd、32cd、100cdなどの明るさがあって、明滅はしません。 建設用のクレーンなどにつけられていることが多いようです。

中光度航空障害灯

中光度航空障害灯の明るさは、低光度航空障害灯と比べ明るく、明るさは多くのものが1600cdであり明滅します。210m以上の高さの建物には、最上部への取り付けと最上部より105m 下の位置に設置します。

高さや、建物によって航空障害灯の種類が変わるということですね!光の強さや色、明滅しているかによって、パイロットはどの程度の高さのものなのかを判断できるということですね

 

建物によって決まりが違う

細く高いものは別扱い

煙突や電波塔、クレーンなど細くて高いものに関しては別扱いになります。細いものは、低・中光度航空障害灯ではなく、白色航空障害灯の取り付けが義務付けられています。

白色航空障害灯

白色航空障害灯は、カメラのフラッシュのような閃光を発します。ちなみに白色航空障害灯は点滅ではなく、フラッシュ点滅なので、輝度が一番高い高光度白色航空障害灯呼ばれています。

60m以上の煙突・鉄塔で昼間障害標識を設置しない場合には、中光度の白色航空障害灯の設置が義務付けられています。 150m以上の煙突・鉄塔であれば、高光度の白色航空障害灯の設置が義務ずけられています。

東京タワーは白色航空障害灯が不要!なぜ?

白色航空障害灯の設置が不要になる条件があります。それは、昼間でも目立つように全体を赤白の交互に塗ることです。東京タワーのデザインは赤白の交互で昼間障害標識を利用しているため、白色航空障害灯の設置が不要になっています。

スカイツリーの場合はどうなるのか

スカイツリーの場合は、航空法の昼間障害標識の色である赤と白の交互のデザインでないため、白色航空障害灯を設置しなければなりません。ですので、現在のスカイツリーには、高光度航空障害灯が28灯設置されています。

デザインを優先するために、航空障害灯を設置するという選択をしたとも言えますね

その他にも航空障害灯が不要になるケースとは

開発中の高層ビルが60mを超えた場合、航空障害灯を設置することが一般的です。ですが例えばその建物の周りが高層マンションやビルによって囲まれている場合、航空障害灯の設置を免除されるケースがあります。

周りの高層の建物の航空障害灯が目印になるため、それに囲まれている建物は免除されるようです。

東京タワーの色はデザインではなく、航空法昼間障害標識を意識したものだったと初めて知りました!みなさんは知っていましたか?

 

航空障害灯を取り付けているのは誰?

取り付けは電気工事士の仕事

航空障害灯を取り付けるのは、電気工事士の仕事です。実際の取り付け場所には以上のようなところがあります。

  • TVタワー
  • 無線鉄塔
  • 煙突
  • 展望台
  • レジャー施設
  • 送電線鉄塔

それ以外にも電気工事士は私たちのライフラインである電気の使用箇所の配線工事などもおこなっており、生活する上でも欠かせない仕事のひとつです。

電気工事士の資格をとるためには

電気工事士になるためには資格が必要になります。電気工事士のことや資格に興味がある方はぜひこちらもご覧ください!

 

 まとめ

今回紹介した航空障害灯についてまとめました!

  • 航空障害灯とは航空機と衝突しないように灯火している光である
  • 60m以上の建物は航空障害灯を設置しなければならない
  • 煙突電波灯などは昼間障害標識か白色航空障害灯を設置しなければならない
  • 航空障害灯は電気工事士が設置する

航空障害灯の違いによって高さが判別できたり、細い建物は赤と白の交互のデザインであれば白色航空障害灯を設置しなくても良いという違いなど、知れば知るほど楽しかったですね!

次に高い建物を見るときは明滅しているかいないかなど、少し意識してみてみてはいかがでしょうか?

今回はまあこが紹介しました!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

毎日のお風呂を快適に!浴室の「床材」の選び方

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

運営会社 / 関連事業