produced by ACE

あなたのお家は大丈夫?地震対策の基本は強靭な耐震構造

2019.10.23

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEのれいこです!

地震大国と呼ばれる日本。甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災以降も新潟中越地震東日本大震災など大地震の被害は後を絶ちません。以来、防災意識は高まりより一層地震に強い家が求められるようになってきました。また、それに合わせるように「耐震」「制震」「免震」といった建築技術も日々進歩を続けています。これらの工法について聞いたことはあるけど違いを十分に理解している人は少ないのではないでしょうか?

今回は「耐震」「制震」「免震」それぞれの違いと最新の耐震技術をご紹介します!

「耐震」「制震」「免震」何が違うの?

まずはそれぞれの違いについて説明していきます!

耐震とは?

耐震とは、文字通り地震の揺れに耐えることです。現在の大半の住宅で採用されている耐震工法は、地震に対して「建築物が倒壊せず、住人が避難できること」を前提に、壁や柱を強化したり補強材を入れることで建物自体を堅くして揺れに耐える構造です。耐震は構造体の強さがそのまま性能の良し悪しになります

制震とは?

制震とは制振とも呼び、地震の揺れを抑える工法のことです。地面に家の土台がくっついているため、地震の揺れが直接建物に伝わりますが、建物内部に(おもり)やダンパーなどの制震部材を組み込むことで地震の揺れを吸収する構造です。上階ほど揺れが増幅する高層ビルなどの高い建物には非常に有効な技術です。

免震とは?

免震とは、建物と基礎との間に免震装置を設置し地盤と切り離すことで建物に地震の揺れを直接伝えない構造です。また、地震によって起こりうる建物の倒壊や家具の破損を防ぐ目的で建てる工法のことです。耐震工法や制震工法との大きな違いは、建物の倒壊を防ぐだけでなく、建物内部のダメージも防ぐことができるという点がポイントです。

 

「耐震」「制震」「免震」それぞれのメリット・デメリット

耐震のメリット・デメリット

メリット

  • 建物の倒壊する可能性が低い
  • 強風での揺れがほとんどない
  • 設置の際、地盤の制約がほぼない
  • 3つの工法の中では最もコストが安い
  • 地下室などの設置も可能

デメリット

  • 地震の揺れが直接伝わるため建物内の被害が大きくなる
  • 上階になればなるほど揺れが大きくなる
  • 建物内部にある家具などの損傷は免れない
  • 建物は頑丈だが、地震が発生する度に建物の損傷が進行する
  • 大きな震災の後はメンテナンスにコストがかかる

制震のメリット・デメリット

メリット

  • 耐震構造に比べて地震の揺れを20%~30%程度軽減できる
  • 免震構造に比べてコストが安く、工期が短い
  • 主要部分の損傷が軽減されるので繰り返し起こる地震に比較的強い
  • 強風などの揺れにも効果的
  • 上階に行くほど揺れが抑えられる
  • 地震後のメンテナンスがほとんど不要

デメリット

  • 建物自体は地面にくっついているため、地盤が弱いと導入できない
  • 免震工法よりも制約は少ないが、制震装置の設置の関係上、狭小地には不向きである
  • 耐震工法よりも建物内部のダメージは少ないが、免震工法に比べると家具などの転倒・破損する確率が高い
  • 耐震工法よりもコストは高くなる

免震のメリット・デメリット

メリット

  • 地震がきても建物がほとんど揺れない
  • 地震対策においては最も優れた工法である
  • 建物内部の損傷を防ぐことができる
  • 家具の転倒などによる二次災害を防ぐことができる

デメリット

  • 地震が起きたら免震装置が建物ごと揺れる
  • ビルなら1m、住宅なら50cmは空き地にしておく必要がある
  • 耐震工法や制震工法に比べてコストが高い
  • 定期的なメンテナンスが必要となる
  • 免震装置の交換の際もコストが高い
  • 地震には有効だが、強風や暴風による揺れには効果が少ない
  • 免震装置を設置する分、1階の床が地面よりも高くなる
  • 地面の上に免震装置を設置するので地下室を作ることができない

 

大地震に強いのはどれ?

耐震」「制震」「免震」いろいろあるけど結局どれが1番地震に効果的なの?と疑問に思う方もいてるのではないでしょうか。どの工法も地震への備えとして工夫された構造なので地震対策をされる方は迷ってしまいますね。そんな場合には、予算住んでいる人の揺れの感じ方家の損傷の程度地下室の要不要など選択肢を絞っていくと自分に合った地震に強い家に近づいていくのではないでしょうか。

今回は費用対効果から見て、「耐震」「制震」「免震」どう選ぶべきかを解説していきます。

耐震構造とは、建物を頑丈につくり建物全体を強く固定することで地震の衝撃に耐えるものです。現在は法律上すべての建物に一定の耐震強度が義務付けられており、特に記載がなければ一般的な住宅に採用されています。耐震に関してはどの建築会社も法的基準を満たしています。制震免震に関しては建築会社によって採用されている技術が異なり、ほとんどの建築会社ではオプション追加で「制震装置」「免震装置」を導入するかを選択する形になります。

では、「制震装置」「免震装置」を導入する際にかかる費用はどれくらいなのか、初期投資費用の相場(2階建て30~35坪の場合)は以下の通りです。

  • 制震」の場合、30~80万前後
  • 免震」の場合、250~350万前後

免震装置は制震装置と比較すると何倍も初期費用がかかります。また、免震装置は初期費用以外にも5年・10年と保守・メンテナンスが必要なケースがあります。免震装置自体は耐久性が高いので寿命の心配はいりませんが、実際に地震が起きたときに正常に動作しなければ全く意味がありませんので定期的なメンテナンスが必要となります。

逆に制震装置60年以上の耐久性があり、保守・メンテナンスがほとんど必要ありません。つまり初期投資も比較的安価に導入が可能な上、費用は初期投資のみとなるのが制震装置の大きなメリットと言えます。以上のことから費用対効果を考えれば「制震装置」の導入が効果的と言えます。

もちろん、免震装置は地震の揺れの軽減効果や二次災害のリスク減少効果の能力が最も高く、今後日本において主流となってくるであろう免震工法も資金が潤沢であれば導入しても良いでしょう!

 

3つの最新耐震技術

これまで多くの地震災害によって注目されてきた耐震工事をより進化させた最新の技術をご紹介します!

超制震住宅

この技術は最新の耐震技術と言われている建て方のひとつです。鉄筋コンクリートによる頑丈な基礎工事横揺れに強いと言われている工法テープ剤による制震効果もある三段階の技術となっています。強い基盤作りと地震エネルギーを分散させる制震対策でメリットだけを繋ぎ合わせた新しい工法です。

エアー断震

この建て方の一番の特徴は、免震技術が進化したものであることです。エアー断震住宅とは、建物の基礎を二重構造にしており、地震を感知すると基礎の間に入れていた空気で建物を浮かせるという新しい発想の工法です。なんと、重さ100トンの家を一瞬で浮かせるという特徴を持ち、大地震があっても空気中に浮くので揺れを感じさせないという優れた技術となります。

やじろべえ免震

この免震技術は塔頂免震とも呼ばれており、建物の上に免震装置を持っていき、やじろべえのように建物を上からぶら下げた工法を言います。通常の免震は、積層ゴムの上に建物を載せるのに対し、逆転の発想でその工法を上下反対にすることで揺れを感じさせない構造となります。

最新の耐震技術は、強さだけではなく柔軟さも欠かせないんですね!これからもさらに安全な耐震技術が発展していきそうですね!

 

まとめ

今回は「耐震」「制震」「免震」それぞれの特徴についてお伝えしてきました。地震の揺れに耐える「耐震構造」地震の揺れを吸収する「制震構造」地震の揺れを逃す「免震構造」、普段気にすることはないかもしれませんがどんな構造で出来ているかを知ることも有効な地震対策に繋がります。

地震は決して他人事ではなく、いつ起こるかわかりません。ご自身とご家族の生命と生活を守るためにも適切な地震対策を行い、来たるべき大地震に備えておきましょう。

本日はここまで!以上、れいこでした!

この記事に出てきた人

オススメ記事

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

現代人にタワーマンションが人気!「タワマン」に惹かれる理由とは

運営会社 / 関連事業