produced by ACE

建設業について徹底討論!建設2030サミット

2019.12.31

Construnction Industory Media

こんにちは、POPCONEインタビュアーのまきです!

12月18日に渋谷ヒカリエホール9階で建設2030サミットが開催されました!

建設2030サミットとは年末に改めて建設業の歴史に触れ、2030年までの世界観を描く建設業界最大級のビジネス協議会です。建設産業や他産業の方々の意見や考えを知ることで経営視点での視野を大きく広げることができるイベントになっています。

午前の部

建設2030サミットには以下の3つのポイントがあります。

  • 建設業における最先端の動向や展望に触れることができる
  • この場でしか聞けない有識者の考えや意見を聞くことができる
  • 社員と参加することにより新たな視点を共有することができる

それではさっそく建設2030サミットの様子を見ていきましょう!

ウルトラ建設クイズ~紀元前から2020年の建設業をたどる~

午前中のコーナーはウルトラ建設クイズ!午後のイベント「建設業の10年後を考える」パネルディスカッションに向け、過去から現在までの建設業界を楽しく学びます。賞金はなんと100万円です!!

司会進行役は人気の芸人さんで、会場を面白トークで盛り上げてくれました。

 

午後の部

クイズを通して建設業の歴史を学んだあとは、午後の部がスタートです。まずは「受け継ぐべきもの」「新しく取り入れるべきもの」の融合パフォーマンス、オープニングセレモニーが始まりました!

オープニングセレモニー

伝統的な和太鼓の演奏に合わせて左官職人のパフォーマンスが始まると同時に、書道家が匠の技を披露!日本を感じることができる素晴らしいパフォーマンスでした。

そして未来をイメージさせる搭乗型ロボットの人体機能拡張ギア「スケルトニクス」の登場に会場は大盛り上がり!この後スケルトニクスは会場入り口に展示され、試乗することもできました。

左官職人とは建物の壁や床、土塀などをコテを使って塗り仕上げる仕事を専門とする職人さんのことです。

スペシャルトーク

続いて始まったのはスペシャルトーク。元K-1世界チャンピオンの魔娑斗さんと、サミットを主催されているユニオンテック代表取締役会長である大川さんが「建設業の変わるべきでないものと変わるべきもの」をテーマに対談されていました。

魔裟斗さんは過去に建設業界で働いていたそうです!

トークディスカッション

トークセッションは建築2030サミットの公式Twitterと連動して行われました。セッションのテーマは5つに分かれており、各セッション毎にトークを聞きながらその場で1枚のパネルにまとめていくスタイルで進行されていきました。

各セッションの内容は以下の通りです。

SESSION “重鎮”が語る建設業の現在地と未来

ゲストスピーカー 魔裟斗
モデレーター 渡邉昇一(ラン・リグ 代表取締役)
パネラー 青木慶一郎(JKホールディングス 代表取締役社長)
榎戸欽治(ニッカホーム 代表取締役会長)
小林靖司(TOTO 販売統括本部リモデル営業推進部 企画主幹)
高岡伸夫(タカショー 代表取締役社長)
概要 ・2030年の建設業の存在価値
・建設職人に訪れる変化の全体像
・建材価格の推計、新しい建材の可能性
・スマートホーム、スマートシティの時代に求められる職人の技術とは

SESSION テクノロジーが変革するレガシー業界

モデレーター 重松大輔(スペースマーケット 代表取締役社長)
パネラー 韓英志(ユニオンテック 代表取締役社長)
久保裕丈(CLAS 代表取締役社長)
北島昇(電脳交通 取締役COO)
稲田武夫(オクト 代表取締役社長)
概要 ・タクシー配車・家具・建設業界における変革の軌跡と将来像
・スペースレンタル=市場創造型の業界変革
・ITが遅れている業界にどうITを持ち込むか

このセッションではあのバチェラージャパンシーズン1に出演されていた久保裕文さんの参加が注目されていました。

SESSION 住まいとリフォームはテクノロジーでどう変わるのか

モデレーター 福田義紀(リフォーム産業新聞 編集長)
パネラー 安達功(日経BP 日経BP総合研究所長)
高重正彦(ルームクリップ 代表取締役社長)
川崎総一郎(GA technologies 執行役員)
間所暁彦(スタイルポート 代表取締役社長)
概要 ・新築重視からリノベーションへ、消費者志向の変化
・VRやAIと建設業との親和性
・人間とテクノロジーは協調できるのか

SESSION 労働集約型産業はひとの課題を乗り越えられるのか

モデレーター 安藤広大(識学 代表取締役社長)
パネラー 田尻忠義(楓工務店 代表取締役)
山本典正(平和酒造 代表取締役社長)
東浦亮典(東急 執行役員 渋谷開発事業部長)
蟹沢宏剛(芝浦工業大学 教授)
概要 ・労働集約型産業でありながら低離職率を実現した秘密
・「匠の技術」の見える化の進め方
・レガシー業界に共通するひとの課題
・キャリアアップシステムの可能性

SESSION 建設人材の価値と未来

モデレーター 宮崎謙介(前衆議院議員)
パネラー 下城瑛里(CML company)
大垣内剛(アクアライン 代表取締役社長)
大川祐介(ユニオンテック 代表取締役会長)
小山宗一郎(職人道場 塾長)
概要 ・女性職人はどうすれば増えるか
・自社で職人を抱えることの難しさと意義
・多能工化の必要性と始め方
・職人のビジネススキルの重要性

ビジネスのマッチング会場

大ホールでのトークセッションの間、小ホールではビジネスのマッチング会場になっていて参加企業や来場者の名刺交換が盛んに行われていました。

搭乗型ロボットの人体機能拡張ギア「スケルトニクス」の試乗

オープニングセレモニーで登場したスケルトニクスの試乗ができるブースにお邪魔しました。スケルトニクスは成人男性がすっぽりと収まるくらい大きかったです。

これからの未来にどのように役立つかとても楽しみですね!

ACEブース出展

会場の通路はスポンサー企業の出展ブースになっており、今回株式会社ACEはテレビ番組「ボクらケンセツ部」として出展してきました!

ブースにいるとヤーダマン(ヒーローの芸人さん)参上!ヤーダマンとは番組収録でもお会いしていたので、大盛り上がりでした♪

 

まとめ

建設2030サミットではこれからの働き方や、経営に活かせる情報に触れことができました。最新ロボットの登場や有意義なディスカッションで今後の建設業界は更に発展することが期待されます。

私も終日参加させてもらってとても聞きやすく楽しいお話や体験をすることができました!またこのようなイベントが開催されることが楽しみですね。

以上、まきでした。次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

進化し続ける自宅のお風呂!お風呂選びの際のポイントとは?

屋根の雪は落とさない!?雪国地域の屋根事情!

街が輝きだす世界に誇る日本のイルミネーション

省エネとは何?私たちにできる取り組みとは

運営会社 / 関連事業