produced by ACE

花粉や大気汚染に注意!?洗濯物を干す時の注意点とは

2020.5.14

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONE GIRLのれいなです!

この時期、特に花粉症鼻炎持ちの方は洗濯に注意が必要です。洗濯物を外に干すと大気中に浮遊している花粉黄砂などさまざまな物質が付着してしまうため、服を経由して知らないうちに家の中や体内に入り込む可能性があります。

外出時にいくらマスクで対策しても、洗濯物についてしまっては意味がありませんよね。

今回は、洗濯物を干す際に花粉やウイルスがつかないようにする方法をご紹介していきます

洗濯物を外に干すと付着するもの

花粉

花粉症は春に日本人の4割以上を悩ませる症状です。花粉症の方は花粉の舞う時期に洗濯物を外に干してしまうと、付着した花粉を吸って症状がでてしまいます。

花粉症は鼻がムズムズしたり目が痒くなるような症状がでます。外出をしていなくても辛い場合は洗濯物に付着した花粉が原因である可能性があります。

現在は花粉症の中でも、どの花粉に反応しているのかを調べることができるようになっています。花粉情報をチェックしつつ注意することで発症を防ぐこともできるでしょう

排気ガス

都心に多いですが、交通量の多い地域のベランダや高速道路の真上にベランダある場合は排気ガスが真上に上がってくるため、洗濯物に排気ガスの臭いが付着することがあります。ひどい時は黒くなってしまうこともあるため注意が必要です。

「引っ越しをしてからこのことに気づいた!」という方が多くいらっしゃいます。洗濯物を外でしっかりと干したい方は、ベランダと道路の位置関係も加味した上で新居を決めるようにしましょう

 黄砂・PM2.5

黄砂とは言葉の通り黄色い砂のことを指し、中国から風にのって運ばれてきます。中国大陸内陸部にあるタクラマカラン砂漠やゴビ砂漠の砂が風によって数千メートルの高さにまで巻き上げられ、風にのって日本に届きます。ひどい時には空気が薄黄色になり、家の窓や車の窓ガラスにも付着しているため目視できます

窓ガラスなどは目視しやすいですが、洗濯物にも同じように付着した黄砂は見えにくいです。知らず知らずに吸い込んでいる可能性もあるため、黄砂がひどい時に洗濯物を外で干すのは控えた方がいいでしょう。

PM2.5は花粉よりも更に微粒子であるため黄砂同様に体に取り込んでしまいやすく、健康に被害を及ぼす原因になりうる物質です。

黄砂やPM2.5はニュースでも取り上げられますので、お住いの地域でどのくらい散布しているかを簡単に確認することができます。

 

大気汚染の影響を避ける洗濯物の干し方

今の時代は家電の進化により、洗濯物を外に干さなくても室内でしっかりと乾かすことが可能です!ここからは洗濯物を乾かすさまざまな方法を紹介していきます!

 エアコンの機能を有効的に使う

大気汚染や花粉などから洗濯物を守りたい場合は室内干しが有効です。ただ、室内干しは生乾きになってしまったり、臭いが気になる方もいらっしゃるため敬遠されることも多いです。

そんなときにはエアコン除湿暖房機能を使うのがおすすめです。エアコンの風向きを調整し、洗濯物にしっかりとあたるようにすると効果的です。

浴室乾燥機を活用する

エアコンと同じく、浴室乾燥機の暖房や除湿機能も洗濯物を乾かすのに向いています。エアコンと比べて浴室という比較的狭い空間で乾かすため効果を発揮しやすいと言えます。

浴室乾燥機はタイマー設定機能ついたものも多いため、洗濯物の量に合わせて調整すると良いでしょう。

エアコンも浴室乾燥機もとても便利ですよね!雨の日にも使えるので、室内干しの準備はしておいて損はありません!

コインランドリーの活用

近年ではコインランドリーを活用する方がたくさん増えています。コインランドリーにもたくさんのサービスが増えてきており、会員制使い放題もあれば、家まで集荷に来てくれたあとに洗濯・乾燥してまた家にお届けしてくれる配達サービスなどもあります。

花粉や大気汚染が非常に気になる方はこういった定額サービスを利用するものよいでしょう。

特に都会にはコインランドリーに宅配サービスなどが多くなってきているようです!宅配の際には畳んでもってきてくれるサービスもあるみたいですよ!

どうしても外に干したい時には

近くにコインランドリーがなかったりエアコンや浴室乾燥機を使えない場合、そしてどうしても外に洗濯物を干したいときもあるかと思います。

そういった場合はしっかりと時期を考え、天気予報をみて洗濯物をする日を決めると良いでしょう。また洗濯物を保護する保護シートを取り付けて干すという方法もあります。

どうしても外に干したいという方には保護シートがオススメですね!

 

まとめ

洗濯物を干す際の注意点を下記にまとめました。

  • 花粉黄砂PM2.5などの情報はマメに見る
  • 室内干しにはエアコン浴室乾燥機有効
  • コインランドリーを活用する
  • どうしても外に干したい時は保護シートを活用する

外干しにより花粉や黄砂、PM2.5、排気ガスなど人体に影響を及ぼす物質が知らず知らずの間に体に入り込んでしまっていることがあります。そうすると健康に害を及ぼすケースもあるので、花粉症以外の方でも注意が必要です。

季節や天候により大気汚染物質が多い日があります。日常的に注意し、健康被害がないように心がけていきましょう!

以上、れいなでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

モルタルとコンクリートの違いとは?使い分けや強度の違いを徹底解説!

ベランダをフル活用!楽しく快適な「新しい生活様式」

平屋とはどんな家?平屋の魅力を徹底解説!

「所有権」と「借地権」とは?それぞれの違いを解説!

運営会社 / 関連事業