produced by ACE

色彩検定とは?資格の活かし方や基礎知識を徹底解説!

2020.4.18

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONE GIRLSのあやです!

「色はセンスの問題」と思われがちですが、それは大きな誤解です。色の知識を学び生活に役立てることで得るメリットはたくさんあります。

今回は色彩検定の基礎知識メリットについてご紹介します!

色彩検定とは?

背景, テクスチャ, カラフル, 色, パターン, 構造, モダン, 表面, 色彩テクスチャー

色彩検定とは、色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。色彩検定の学習を通して色に関する基本的な知識を身につけ、色をどのように生活の中で活用していくかという技能を身につけるのが目的です。

色彩検定の学習を通して、感性や経験によらずに理論的に判断や理解ができるようになります。

色相環

刺繍, Dab, 色, カラー サークル, 配色パターン, 地区, リング, カラフル

色彩検定では、色の使い方の基礎から配色の方法(色の組み合わせ)までを専門的に学習します。その中で大切となるのが色相環です。色相環とは色の変化を繋げて一つの輪にしたものを言います。

この色相環を理解して正しく使うことで、配色技法が身につきます。

正反対に位置するものを補色、近い色を類似色といいます。

 

色彩検定の内容と試験のレベル

色彩検定は公式テキストに準拠した内容で出題されるので、実務経験は必要ありません。出題内容について、各級によってどのくらいレベルが違うのか分からない…という方がほとんどではないかと思います。

色彩検定の内容の詳細を各級ごとにご紹介していきます!

3級

「色」の表し方などの基礎知識色の心理的効果配色(色の組み合わせ)を考えるときに便利な色彩体系である「PCCS」について学習します。カラーカードを使った配色演習で色を見分ける力もつくので、日常生活や趣味に活かすことができます。

試験時間 70分
試験方法 マークシート方式
合格ライン 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動。

2級や1級の知識の基礎になりますので、まず3級から学習をスタートすることがオススメです!

2級

色彩検定2級の内容は3級で学習する配色やイメージについてさらにレベルアップしたものです。ファッションやインテリア、景観色彩など各分野でのカラーコーディネートの基礎についても学びますので、さらに広用範囲が広がります。

試験時間 80分
試験方法 マークシート方式(一部記述式)
合格ライン 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動。

実務に応用できるレベルの色彩調和について学びたい方にオススメです!

1級

色彩実務担当者として色彩設計に携わることができるレベルの内容を学習します。自ら課題を解決・アドバイスできるレベルです。各種色票やソフトなど2次試験では提案に沿ってカラーカードを使った配色を行います。

試験時間 1次:90分 2次:90分
試験方法 1次:マークシート方式(一部記述式) 2次:記述式(一部実技)
合格ライン 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動。

1級に合格すると、色彩検定協会主催の「講師養成講座」への道が開きます。

UC級

UCとは「色覚の多様性に配慮した誰もが見やすい色使い」です。

特定の色の組み合わせが判別しにくい人は、日本人男性の20人に1人女性の500人に1人約300万人存在すると言われています。また、加齢によって色を見分ける力などの視覚機能が衰えることが分かっており、高齢化が進む中で大きな問題となることが予想されます。

このような特性を理解して配慮した色使いができる人を増やし、誰もが暮らしやすい社会を目指します。

試験時間 60分
試験方法 マークシート方式(一部記述式)
合格ライン 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動。

2018年冬季より新設されたものです!

 

色彩検定に合格するには

カラフル, ペン, ペイント, 色鉛筆, 色, クレヨン, 黄色, 赤, ピンク, 暖かい, 色相

3級は色彩の入門として最適!

色彩検定にはそれぞれ級がありますが、入門に最適な3級であれば市販のテキストでも十分です。色彩について全く知識のないの状態から勉強を始めるのであれば3級からはじめ、ある程度知識をつけてから2級に進むのがいいでしょう。

1級までチャレンジするのであれば、3級と2級の知識は必須となります!

2級と3級の同時受験も可能

試験が午前の部と午後の部に分かれているので、2級と3級は同時受験が可能です。午前の試験後に残りの級を受験するスケジュールになります。

同じ願書で申し込まないと試験会場が分かれることがありますので、申し込みの際は注意が必要です。

 

色彩検定の活かし方

色彩検定は具体的にどのような業界・職種に役立つのでしょうか。主なものを下記にまとめました。

  • 美容
  • ファッション
  • 出版
  • 広告
  • 建築・工業・空間デザイン
  • ウェディング

それぞれの職種にどのように活かすことができるのかご紹介していきます!

美容

美容業界では、色彩検定で学んだ知識を活用して顧客に似合う色を選んだり、顧客の求めるカラーを提案することができるようになります。理論に基づいた色彩のアドバイスは顧客の満足度を高め、プロとしての信頼度を獲得するためにも重宝される資格です。

主に美容師美容部員ネイリストなどの仕事に役立ちます!

ファッション

ファッション, 衣料品, ショップ, 服, ドレス, スタイル, 女性, カジュアル, 摩耗, ライフスタイル

色彩検定はもともとファッション業界でつくられた資格のため服飾関係に強いと言われています。服のデザインやコーディネートを考える際や、シーズン毎の流行色やブランドカラーを決める際に役立ちます。

具体的な職種としてはファッションデザイナーバイヤースタイリストなどがあります。

出版

出版業界では、色彩検定で学んだ知識を元に書籍や雑誌の誌面デザイン装丁を行うときに活かすことができます。「なぜ今回はこの色を使うのか」「この文字の配色にはどのような効果があるのか」といった説明を論理的に出来るようになり、説得力を持たせることができます。

具体的な職種としては編集者イラストレーターカメラマンなどがあります。

広告

広告業界では、クリエイティブ関連の職種で働く人は色彩の知識が必要になることがあります。商品・ブランド(メーカー)・サービスのコンセプトが伝わる色を選ぶ際に、色が人に与える影響について知っておくと配色選びに迷いがなくなります。

クリエイティブディレクターWEBデザイナーアートディレクターなどの職種に役立ちます!

 

まとめ

色彩検定を通して色について学習すれば、今まで自分が気づかなかった色の使い方ができるようになります。服装の色合いやインテリアなど、日常生活においてセンスの良い組み合わせを選ぶことができるでしょう。販売業の方でしたら商品ディスプレイや照明技法・季節ごとの配色など、多くの場面で知識を活用することができます。

仕事としてだけでなく、日常生活でも活かせる場所がたくさんある資格ですね!

以上、あやでした。次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

子どもにも安心!自宅のウイルスを1分で除菌・抗菌する「菌滅シート」とは?

塗装工におすすめの資格「塗装技能士」について解説!

「塩害」とはいったい何?自分でできる塩害対策とは!

家の中のカビの発生条件とは?再発防止をご紹介!

運営会社 / 関連事業