produced by ACE

さまざまな業界で幅広く活躍!CAD利用技術者の資格~3次元(3D)CAD利用技術者試験コース~

2020.2.14

Construnction Industory Media

こんにんちは、POPCONEインタビュアーのとまこです。

今回は3次元(3D)CAD利用技術者試験の資格についてご紹介していきたいと思います!

前回ご紹介したCAD利用技術者の資格~2次元CAD利用技術者試験コース~についてご興味ある方はこちらもご覧ください。

 

3次元(3D)CADとは?

3DCADは3次元空間でのモデルを表すことが可能なため、実物に近い製品や建物のイメージを表現することができます。CADの知識がない人でも容易に形状を把握することができますので、打ち合わせなどでもコミュニケーションが取りやすくなります。

日本は今、高付加価値な製品設計・製造を実現し、産業・地域の競争力強化を図るための施策を進めています。この施策には3次元CADの活用が欠かせず、3次元CAD利用技術者は新時代のものづくりの担い手として活躍が求められています。

3DCADの資格は一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が行なっており、3DCAD利用技術者試験には2級、準1級、1級の3種類があります。各業種で専門技術者としてすぐに活躍できるように試験を受けます。

3DCADの実用例

3DCADシステムを活用することによって製品開発をはじめとする全ての活動を想像しやすいように立体的に具現化することができます。これにより関係者全員でチェックが可能になるので手戻りが最小化されます。

3DCADシステムの代表的な活用事例をご紹介していきます。

生産装置の設計分野

容易な治具や設備設計 3D-CADで作成したワークの外形や姿勢の情報を利用して周辺に配置する各種装置の空間取り
3D-CADのワーク外形を利用してクランプ形状やクランプ位置の配置案の作成
3Dソリッドモデルで治具の動作確認を行い、干渉確認をしながら治具設計が可能
3D-CAD上で、周辺に配置した治具類の動作検証を確認後に治具の詳細設計が可能
隣接ロボットとの動作確認でロボットの姿勢や干渉状態の確認が容易
全体レイアウトや大規模デザインのマクロな確認 3D-CADシステムのウォークスルー機能を使用し、レイアウト設計案の視覚的確認が可能

製品設計・購買分野

  • 3Dモデル情報を用いた部品製作見積もりと見積書の作成が容易
  • 3Dモデルを活用した各種報告書の編集が容易

検査分野

  • 製品設計の情報を対象に、寸法や幾何交差に関する製品品質の検査レポートの作成が容易

3DCADを取り入れることにより、仕事を迅速かつ効率的に進めていくことができます。これから更なるさまざまな企業に取り入れられていくでしょう!

3次元(3D)CAD利用技術者試験使用推奨ソフト

3次元(3D)CAD利用技術者試験1級・準1級試験問題の事前検証を実施している推奨ソフトは以下の通りです。

  • CADmeister
  • CATIA V5
  • Cimatron
  • Fusion 360
  • iCAD MX
  • iCAD SX
  • Inventor
  • IRONCAD
  • NX
  • Creo Elements/Direct (旧CoCreate)
  • Creo Parametric (旧Pro/ENGINEER WF)
  • Shade3D Professional(Ver.18以降)
  • SOLIDWORKS
  • ThinkDesign
  • Vectorworksシリーズ(バージョン2009以降/準1級のみ)
  • 図脳CAD3D

過去の推奨ソフトは使用できない可能性があるのでご注意ください。

 

3次元(3D)CAD利用技術者、取得方法

3次元CAD利用技術者試験2級

機械系・製造系の3次元CADシステムを利用し、主として設計・製図業務に従事し、半年以上の就学・就業経験を有する方を想定して行われています。

試験範囲は以下の通りです!

3次元CADの概念 3次元CADとは、3次元CADの必要性、3次元CADの歴史、3次元モデルのデータ構造、表示技術、3次元モデルの構成
3次元CADの機能と実用的モデリング手法 3次元CADによる設計、モデリング機能、実用化の事例、複合化したコマンド、検査・計測・解析の方法、パラメトリックモデリング、アセンブリモデリング、実用上の注意点
3次元CADデータの管理と周辺知識 PDM、プロジェクト管理、コンピュータシステムの構成、CADとネットワーク知識、情報セキュリティ
3次元CADデータの活用  CAE、CAM、CAT、CG、RP、DMU、コラボレーション、3次元CADデータの応用例

 

試験時間は60分(11:00~12:00)でマークシート方式による多肢選択方式および真偽方式で60問で行われます。受験料は7000円(税抜)です。

3次元CAD利用技術者試験準1級

3次元CAD利用技術者試験準1級は、機械系・製造系の3次元CADシステムを利用したモデリング・設計・製図などの業務に従事することを目指す方、もしくは従事して間もない方を想定して行われています。

試験範囲は以下の通りです!

CADリテラシー問題、空間把握能力問題 文章によるモデリング手順に従い、部品を作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手描き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。投影図、展開図より、部品を作成する問題。空間形状が把握できているかを問う。
2次元図面からの作図能力問題 2次元図面より、機械部品を作成する問題。実務の基本的な能力を総合的に問う。

 

試験時間は120分(10:00~12:00/13:30~15:30)でマ3次元CADソフトを使用したモデリングを行います。モデルの体積、表面積などを測定し、解答群の中からもっとも近い値を選択し、解答用紙(マークシート)に記入する方法で行われます。受験料は10000円(税抜)です。

3次元CAD利用技術者試験1級

3次元CAD利用技術者試験1級は、機械系・製造系の3次元CADシステムを利用して、モデリング・設計・製図などの業務に従事して半年以上の実務経験を有する方を想定して行われています。

試験範囲は以下の通りです!

CADリテラシー問題、空間把握能力問題 文章による手順の指示に従い、パーツモデルを作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手書き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。
2次元図面からの作図能力問題 2次元図面より、機械部品を作成する問題。2次元図面から3次元空間上の形状認識が正確にできるかを問う。
アセンブリモデリング能力 パーツモデルを作成し、それらを組み立ててアセンブリモデルを作成する問題。パーツモデルを正しく組み立てることができるかを問う。

 

試験時間は120分(10:00~12:00/13:30~15:30)でマ3次元CADソフトを使用したモデリングを行います。モデルの体積、表面積などを測定し、解答群の中からもっとも近い値を選択し、解答用紙(マークシート)に記入する方法で行われます。受験料は15000円(税抜)です。

 

まとめ

現在は機械メーカーや自動車メーカーや製造メーカーなどでより複雑な製品の開発が行われており、3DCADの技術者を求めている業種は多岐に渡ります。資格を取得していることでスキルがあることの証明になるので就活にとても役にも立ち、1級を取得していればオペレータの管理もできるます。スキルアップのためにぜひ挑戦してみてください!

以上、とまこでした。次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

土地の価値はどうやって決まる?売るときや相続の際のポイントをご紹介!

システム収納とはどのようなもの?種類や特徴を徹底解説!

ガーデニングを成功させるには?初心者でもできる基礎知識をご紹介!

一級建築士の上位資格であり、設備設計の最上位資格「設備設計一級建築士」

運営会社 / 関連事業