produced by ACE

バルコニーとはいったい何?ベランダやテラスとの違いについて徹底解説!

2020.5.10

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONE GIRLS のみきです!

バルコニーは開放的な外の空間でゆったりとした時間を過ごしたり、洗濯物を干すなどさまざまな用途に便利に使える場所です。新築やリフォーム、またはマンション選びなどで魅力的なバルコニーを持つことを考えている方もいるのではないでしょうか。

今回はバルコニーを快適に過ごすために知っておきたい基礎知識種類をご紹介します!

バルコニーとは?

バルコニー, 人, 立っている, 日照, 女性, 自由, 朝, 幸せ

バルコニーとは、建物の室外に張り出したスペースのことをいいます。2階以上にあり、形としては屋根がなく手すりがあるスペースを指します。形状や用途などでさまざまな種類があり、作りや素材の仕様によってもバルコニーの使い勝手が変わってきます。

ベランダテラスとの違いをご紹介します!

ベランダ

ベランダとは、2階以上で縁や柵があり室外に張り出している屋根におさまる部分を言います。屋根があるので天候に左右されずに外に出ることができ、雨の日に洗濯物を干したりもできます。

日本家屋の場合は1階部分の縁側もベランダにあたりますが、基本的には2階以上の部分を指す言葉です。

テラス

テラスとは、1階部分の室外に張り出している部分に作っている床や場所を言います。マンションなどで屋根のないバルコニー部分をテラスと呼ぶ場合がありますが、基本的には1階部分のスペースを指します。

ウッドデッキなどもテラスに含まれます!

 

バルコニーの種類

庭の家具, 木製の家具, 椅子, ガーデンチェア, バルコニー長, バルコニーの家具, スケール, バウアー

バルコニーは、形状用途などによって名称が異なります。それぞれの特徴や種類をきちんと知り、ライフスタイルに合ったバルコニーを選ぶようにしましょう。

ここからはバルコニーの種類をご紹介していきます!

回りバルコニー

一般的にイメージするバルコニーは直線的なものですが、L字など家を囲むような形状のものを回りバルコニーと言います。回りバルコニーは異なる方角に繋がっているので、違った景色を眺めることができ、より開放感が得られる特徴があります。

マンションなどでは角住戸にのみ、回りバルコニーが設置できます!

ルーフバルコニー

屋根の上に設けられるバルコニールーフバルコニーと言います。張り出しのバルコニーよりも広い面積のものが多く、ゆったりとしたスペースを持つことができる特徴があります。テーブルやイスを置いたり園芸を楽しんだりなど、さまざまな用途に使用できます。

広いバルコニーをイメージしている方におすすめです!

スカイバルコニー

屋上に設けられるバルコニースカイバルコニーと言います。屋根部分がフラットなことから、太陽の熱をそのまま受けてしまい階下が熱くなったり雨漏りの危険性などもあるので、対策をしっかりと行う必要があります。

ルーフバルコニーの中でも、屋上にバルコニーを設ける場合にスカイバルコニーと呼ぶことがあります。

インナーバルコニー

屋根がついたルーフバルコニーインナーバルコニーと呼びます。先ほどご紹介したように「屋根がついていたらベランダではないの?」と思われるかもしれませんが、基本的に張り出しではなく階下の屋根部分に床部分がくるので、バルコニーの種類として分類されています。隣り合う室内と一体感を持たせることができるので、開放的な空間を演出することができます。

部屋が奥にあるので、採光など気をつけなければいけないという面も持っています!

サービスバルコニー

エアコンの室外機や、物を少し置けるぐらいの狭いスペースを持つバルコニーサービスバルコニーと呼びます。奥行が1m以下程度の広さが多く、外でくつろぐバルコニーというよりはゴミを外に出しておくなど、ちょっとしたことに利用できるスペースとしての役割を持っています。

 

快適なバルコニーにするには?

バルコニーは洗濯を干したり園芸を楽しんだり、子供の遊び場になったりなどと色々なシーンで使われる場所です。せっかくバルコニーを設置するのであれば、快適に過ごしたいですよね。

実際にバルコニーを設置したときに、「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、選ぶときのポイントをご紹介します!

バルコニーの手すり

建築基準法によって、バルコニーには幅100cm以上・高さ110cm以上の手すりを付けることになっています。手すりは安全に暮らしていくためだけでなく、家の外観にも影響する部分です。また、布団を干すのにバルコニーの手すりを使うなどの用途も考えられます。

ここからは手すりの種類についてご紹介していきます!

スチール製

スチール製の手すりの特徴は、風通しがよく見た目もすっきりできるという点です。縦のフレームが主体になっているものと、横のフレームが主体になっているものがあります。スチールは頑丈な素材なので細くても強度があり、モダンな印象を家に持たせることができます。布団を干す際などもフレーム部分を掃除でき、汚れが布団に付かず清潔です。

キズや塗装が落ちてしまった場合はそこからサビが発生してしまうので、メンテナンスが必要となってきます。

木製

手すりに天然木人口木などナチュラルな質感を持った種類の素材を使って、家の外観にアクセントを加えるということもできます。天然木の場合は色あせやささくれなどが起きてくるので、定期的なメンテナンスが必要になってきます。人口木の場合は樹脂を混ぜてできているので、劣化が起きにくいですが、色あせは起こってしまいます。

手すりのみのバルコニー

壁を立ち上げて上部に金属のカバーを取り付けた手すりだけのバルコニーは、外壁と同じ仕様にできるために統一感のある雰囲気を持たせることができます。また、壁の厚みが20cmほどあるので、守られている安心感も持つことができます。

手すりに汚れが付きやすく、布団を干す前などには拭かなければならないので注意が必要です。

トップレール付きのバルコニー

立ち上がっている壁の上部にレールを取り付けたものが、トップレール付きのバルコニーです。家の外観との一体感や安心感を保ちながら、レールが付いていることで布団バサミを楽に取り付けることができます。

新築の場合、住宅会社によってはトップレールが標準装備になってることもあります!

 

まとめ

今回はバルコニーの種類やそれぞれの特徴についてご紹介しました。ベランダやテラスとの違いなど、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。毎日生活する空間だからこそ、外観だけでなく利便性にもこだわりたいですよね。それぞれの特徴を理解した上で、自分のライフスタイル目的に合ったバルコニーを探すようにしましょう。

お家の外でも中でも快適に過ごせるようにしたいですね!

以上、みきでした。次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

国産材と輸入材はどう違うの?それぞれの特徴や性質を解説!

壁紙にはどんな種類があるの?その特徴と選び方について解説!

ベランダは防水できる?ベランダ防水の種類をご紹介!

屋根修理の基礎知識!費用の相場はどのくらい?

運営会社 / 関連事業