produced by ACE

新元号は令和!の前に、平成の代表的な建物を振り返ろう!

2019.5.8

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEインタビュアーのあやです!

2019年5月1日、とうとう新元号の令和がはじまりました!平成が続いた30年間は、長かったようであっという間に過ぎていった気がします。皆さまはどうでしょうか?

この30年間で、住んでいる街の景色や、旅行先の景色が大きく変わったと感じている方も多いのではないでしょうか?

令和の時代に入ったこの機に、今一度平成の代表的な建物を振り返ってみましょう!

1980年代に建てられた建物

幕張メッセ(平成元年)

幕張メッセ1989年(平成元年)10月に完成しました。老朽化が進み、交通利便性が不遇であった東京国際見本市会場(閉場)の代替並びに幕張新都心開発の一環として建てられた幕張メッセ、完成した同月に第28回東京モーターショーが開催され、史上最高の15カ国が参加し、約192万人が訪れるなど完成早々に大賑わいとなりました。

近年でも、音楽やアニメなどのイベント利用が増加し、2016年(平成28年)には年間2100ホールという過去最高記録を達成しています。

 

1990年代に建てられた建物

東京都庁舎(平成2年)

丸の内の旧都庁舎は1970年代には老朽化、分散化という問題が発生したため、新宿に新たな都庁の建設を決定1991年4月に業務を移転しました。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟からなり、東京都の行政の中枢機能を担っています。

デザイン的にも特徴的な形態であるため、ランドマークとしての機能もはたしています。

京都駅(平成9年)

初代京都駅は1877年(明治10年)にできて、以来140年以上の時を経て街とともに成長し、1997年(平成9年)に四代目となる京都駅が完成しました。

鉄道は、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)・京都市交通局(京都市営地下鉄)を利用することができ、ビジネスマンや、観光客などの多くの方々が利用されています。

その他の建造物

  • 沖縄県庁(平成2年)
  • 水戸芸術館(平成2年)
  • 梅田スカイビル(平成5年)
  • 東京国際フォーラム(平成9年)
  • 新国立劇場(平成9年) など

東京都庁や京都駅などのオシャレな建物が1990年代に作られていることにとても驚きです!

 

2000年代に建てられた建物

六本木ヒルズ(平成15年)

六本木ヒルズは、2003年(平成15年)4月に開業した複合商業施設です。高さが238mもある高層オフィスビル (六本木ヒルズ森タワー)を中心に、集合住宅 (六本木ヒルズレジデンス)、ホテル (グランドハイアット東京)、文化施設、その他の商業施設等として利用されています。

表参道ヒルズ(平成18年)

表参道ヒルズは2006年(平成18年)2月11日(建国記念の日)にオープンしました。全長は約250メートルで、地上6階、地下6階。西館、本館と同潤館からなり、地下3階から地上3階は国内外の有名ブランドなどが入居する商業施設です。

表参道の傾斜にあわせ、床をスロープ状に傾斜させているのが特徴で、本館内部は6層分の吹き抜け構造になっています。そのまわりではスパイラルスロープと呼ばれる通路がらせん状につながっています。

その他の建造物

  • 淡路夢舞台(平成12年)
  • JRセントラルタワーズ(平成12年)
  • 倉吉パークスクエア(平成13年)
  • 汐留シティーセンター(平成16年)
  • 東京ミッドタウン(平成19年) など

またさらに近代建築に近づいた感じがしますね!高い建物やデザイン的にもオシャレな建物が多くなってきた年代です

 

2010年代に建てられた建物

スカイツリー(平成24年)

東京スカイツリーは観光や商業施設、オフィスなどが併設されている電波塔です。高い建物が多くなってきた東京では、超高層建築物が林立して影となる部分に電波が届きにくくなってほか、ワンセグやマルチメディア放送といった携帯機器向けの放送を快適に視聴できるようにするなどの目的に作られました。高さは日本一を誇る634mです。

あべのハルカス(平成26年)

あべのハルカスはビルとしては日本一の高さを誇る建造物で高さは300mあります。商業施設やホテル、オフィス、観光などができる複合施設であり低層階には、近鉄百貨店、美術館などもあります。

あべのハルカスには「545−60xx」という特有の郵便番号があり、xxの部分には階層が入るようになっています。

その他の建造物

  • みなとみらいセンタービル(平成22年)
  • 中之島フェスティバルタワー(平成24年)
  • グランフロント大阪(平成25年)
  • 住友不動産六本木グランドタワー(平成28年)
  • 東急プラザ銀座(平成28年) など

この年代にも高い建物が続々と建てられていますね!日本一の建物が2つもできた年代でした

 

まとめ

スカイツリーやあべのハルカスなどができたのも記憶に新しいですが、それでも5,6年前の話なんですね!とても驚きました。そして年代によって建てられている建物が変わってきていましたね。

令和が始まりましたが、令和には一体どのような建造物が建てられていくのが今から楽しみです。令和の新しい建造物を期待しつつ、昭和、平成から建てられている建造物も大事に見守っていきましょう。

今回はあやが紹介しました!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

現代人にタワーマンションが人気!「タワマン」に惹かれる理由とは

運営会社 / 関連事業