produced by ACE

飽き性の一人親方が見つけた趣味は仕事だった

2019.9.26

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEインタビュアーのあすかです!

今回は建設男子写真集にもご出演いただく一人親方の方にお話をうかがうことができました!建設男子写真集の撮影後にインタビューをさせていただき、独立をした後の話仕事をする上で大事にしていることなどさまざまなお話を聞いてきました。今回はインタビューの後半をお送りしていきます!

前半のインタビューの内容や、建設男子写真集がどのようなものかを知りたい方はぜひこちらの記事をご覧くださいね!

 

内装業とサロンを営む安富さん

今回お話をうかがったのは大阪箕面市で「renovation reform」という建築会社を営んでいる安富さんです。関西を中心にさまざまな店舗の内装や仕上げ役として活躍されています。また建設業だけではなく、ネイルやマツエク、ホワイトニングなどの美容サロン「JENEL」も奥様と協力して経営されており、JENELの店舗内装も安富さん自身が手がけたそうです。

インタビュー後半START

リフォーム事業へのキッカケ

では、ここからはインタビュー後半になります。改めてよろしくお願いします

はい、よろしくお願いします

安富さんはなぜ、新築やマンションなどを1から建てることよりも、リフォームやリノベーションの業界を選んだのでしょうか?

理由は2つあります。まず1つ目にリフォームやリノベーションという業界は今後も伸びてくると思ってるからです。2つ目は僕がそもそもイチから建てることよりも、今あるものを再利用したり蘇らせたりすることのほうに価値を感じるからです。物を大切にするという感じですかね

確かに、古くなって利用されていない空き家が増えている問題などもありますもんね……

新築を建てることに魅力がないと思ってるわけではありません。ただ、古いものや長く住んだ家は何かしらの思い入れが皆さんにもあると思うんです。その思い入れや思い出を残しつつ、新しく気持ちよく生活をできる空間にすることで、お客様にとても喜んでもらえるんです

たくさんの物が溢れている時代だからこそ、ひとつの物を大切にしていくのは大事ですよね。とても共感できます!!

 

飽き性な性格は武器になる

安富さんと話をしている上で、少し感じたことがあるのですが……安富さんは飽き性な方ですか?(笑)

えぇ、まさしくそうですよ(笑)

やっぱりそうなんですね!?(笑)趣味がキャンプでキャンピングカーを購入したり、料理が好きで、ロコモコやクレープを販売したり、サーフボードも立てかけられていたので、すごくいろいろなことに興味がある方なんだと思う反面、少し飽き性なのかな?とも思ってしまいました

おっしゃる通りです。(笑)ですがひとつにことにはまってしまうと、飽きるまではとことんやってしまう性格です

自分が飽き性なことについてどう思いますか?

僕は飽き性はある意味武器だと思っていますよ。飽き性である性格が自分の仕事にも活きてますよ

そうなんですか!?

飽き性は、逆を返せば新しい物好きなんです。常に新しい製品や流行りの間取りなどが変わるリノベーションやリフォーム業界で、新しいものをキャッチする力であったり、興味をもってとことん追求してみたりっていうことは必要なことなんです。僕はそもそもそういう性格なので、それが苦じゃなく新しいものを追って、それをお客様に提案したり、また周りも発信したりしていきたいとも思っています

確かにそれは、仕事に活かされていますね!仕事をいかに楽しくするかってとても大事なことだと思います!

 

飽き性の自分にとっては趣味が仕事

安富さんにとって、仕事とはどのようなものですか?

仕事は……趣味ですかね?(笑)

趣味ですか!?(笑)

この仕事って全く同じ仕事はないんですよ。リノベーションという言葉で一括りにしてしまうと同じことをしているように思われるかもしれませんが、どのようにリノベーションしてほしいのか、作ってほしいものや出来上がるものにひとつとして同じものはないんですよね。

関わる人たちもそうです。従業員も独立してはまた新しい子が入ってきたり、新しいお客様を紹介してもらえたり、周りにいる人たちも変化します。先ほども飽き性の話をしましたが、この業界は仕事や出会える人たちなど刺激がたくさんあるんです。そういう意味で仕事は趣味のひとつですかね。本当にやりがいがたくさんある仕事ですよ

人が変わったり新しい製品を覚えたりするのはとても大変なことではないですか?

もちろん大変なこともあります。ただ僕は自分のできないことや新しいことにチャレンジすることが本当に好きなんです。妻が美容サロンを出す時自分が手伝ってサロンを作りました。美容のお店って美容室以外あんまり男性っていくことないですよね?なので僕からしたらこういう美容業界も新しいことのひとつなんです

妻はどのような内装に喜ぶのか、またどのようなものを妻は求めているのか、クライアント同様に喜んでもらえるように頑張りましたね。そのためにどうするか考えるために美容業界のことを勉強することも新しいことなんで、楽しくできるんですよ。

自分の性格がとても仕事に活かされているんですね!建設業界の楽しさややりがいがとても伝わってきました!また安富さん自身がこの業界をとても楽しんでいらっしゃることも伝わってきました!

そうですか、それはよかったです。もっと業界にも若い子であったり職人さんたちが増えて盛り上がってくれたら嬉しいですね

最後に、安富さんの今後の目標ややりたいことなどはあるんですか?

いろいろありますよ!ずっと大阪を中心に関西にいるので、まずは出張などでいろんなところにいけるようになりたいですね

出張っていろんな景色をみれたり、仕事終わりにご当地のご飯が食べれたりしていいですよね!

そうですね、全国あらゆるところでさまざまな人と出会って仕事をしてみたいですね

楽しくお仕事をされているところが目に浮かびます(笑)

そうですか?(笑) あとは東京の表参道に事務所を構えたいですね

東京の表参道ですか!それはまた、なぜですか?

いや、まぁそれはですね……男のロマンですよ。(笑)

なるほどですね。(笑)ぜひそのロマンが叶った時にはもう一度表参道の事務所でインタビューさせてくださいね!!(笑)

そうですね、その時はよろしくお願いします(笑)

ではこれでインタビューは以上です。安富さん、お忙しい中ありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました!

インタビュー後半END

今回もたくさんのお話を聞くことができました!安富さんは趣味も豊富で、仕事もプライベートもとても充実している職人さんでした!飽き性という性格を武器に新しいものを取り入れて仕事に活かしていたり、自分の性格を理解し、それを仕事にうまく活かす方法を教えてくれました。私も見習わせていただきたいと思います。

次はまたどのような職人さんに出会えるのかとても楽しみですね!

以上、あすかでした!

この記事に出てきた人

オススメ記事

お得なのはどれ?寒冷地の暖房設備を比較してみた

複層ガラスで「冬暖かく、夏涼しい」断熱効果アップで快適な室内環境作り

Wi-Fiは必要不可欠?家のセキュリティと見守る暮らし

1400年の歴史を刻んできた、日本の伝統的屋根材「瓦」について

運営会社 / 関連事業