produced by ACE

光を反射する特殊なスプレーとは!?【反射スプレー】

2019.4.12

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEモデルのまあこです。

夜、暗闇の中では車や自転車との事故も多くなります。ですが、仕事や学校からの帰宅時、ジョギングやサイクリングなどで夜に出歩く方も少なくないでしょう。夜間も事故に遭うことなく安全・安心に帰宅したりジョギングやサイクリングを楽しみたいものです。

今回は、夜間外出の際に安全性を高めることのできる特殊なスプレーを紹介します!

夜間の安全性を高める「反射板」の効果

夜間の安全性を高めるには反射板が有効です。

反射材は車などのライトを反射し「ここに人がいます!」と知らせてくれる効果があります。反射材があることによって運転手はいち早く遠くの人を発見することができ、事故防止に繋がるのです。

まずは反射材が夜間でどのくらい効果があるのかをみていきましょう!

反射材を身につけることで、ドライバーは歩行者を2倍以上も手前で発見できる

出典元:「歩行者用反射材が夜間の歩行者の認知と歩行者事故に及ぼす効果」
2011年2月『ITARDA INFORMATION No.87』(財)交通事故総合分析センターより

出典元:https://gazoo.com/article/daily/170113.html

反射板をつけていない場合、運転手が認識するまでに必要な距離は約26m~38m、反射材をつけている場合では約57mで認識することができます。

50km/hで走行していた車が人に気づき急停止した場合、止まるまで約32m(空走距離+制動距離)必要になります。反射板をつけていなかったら発見がおくれて事故に繋がる可能性が高いというのがわかります。

反射板の効果はとてもすごいですね!つけていることで運転手がかなり遠くからでも認識できることにとても驚きました!

 

吹き付けると反射板になる「反射スプレー」

反射スプレーとは

反射スプレーは衣服や物に吹き付けるだけで、反射材の代わりになる特殊なスプレーです。

反射スプレーには下のような特徴があります。

  • 光源のない状態では無色透明
  • 水洗いにより洗い流すことが可能
  • 反射効果は噴射から約7日間持続する

上の写真は吹き付けた後のイメージ写真になりますが、吹き付けた場所に光が当たるとの写真のように光を反射して、運転手に認識してもらうことが可能です。また、持続力は約7日間ありますが水洗いで洗い落とすことも可能なので、安心して衣服に吹き付けることができます。

この反射スプレーは一般的に売られているヘアスプレーよりも小さく持ち運びしやすいサイズです。車内や家に置いても場所をとらないので便利ですね

デザインを問わず反射材に

反射材がついている衣類やカバンは種類が少なく自分の好みのデザインがなかなか見つからないこともあります。

しかしこの反射スプレーは吹き付けるだけで反射材の代わりになるので、持ちもののデザインに決まりはなく自分の好みのものを選ぶことができます。日中は無色透明で反射材がついていることが周囲に気づかれることもないため自然です。

反射材付きのグッズを買わずともこの反射スプレーがあれば、さまざまな物が反射材に早変わりするという訳ですね!確かに反射材のついた物はなかなか私も身につけにくいですが、これなら日中はわからないので良いですね!

さまざまな現場で使うことが可能

反射スプレーは夜にジョギングやサイクリングをされる方だけではなく、さまざまな職業の方が現場で使うことができます。

  • タクシー運転手
  • バスの運転手
  • 消防隊
  • 警察官
  • 人命救助隊 など

事故現場に遭遇する可能性が高い仕事をしている方は車内に常備することで2次災害の防止に効果をが期待できます。

例えば、夜間の交通事故では、事故後も現場に車が衝突してくる危険があります。そのような2次災害を防ぐためにも、この反射スプレーは有効な手段として用いられそうですね!

 

まとめ

今回ご紹介した反射スプレーについてまとめてみました

  • 反射スプレーは吹き付けるだけで反射材の役割を果たす
  • スプレーは光源のない状態では無色透明
  • 吹き付けた箇所は水洗いにより洗い流すことが可能
  • 反射効果は噴射から約7日間持続する
  • サイズが小さく車内や玄関などに常備しやすい

反射材があるだけで運転手が40m先でも認識することができ、事故にあう可能性がとても低くなります。夜間に出歩いたり自転車にのることはみなさまあると思います。

夜間の外出を安全にするためにも、ぜひ反射スプレーを使ってみてはいかがでしょうか?

以上、まあこが紹介しました。次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

やってみよう!DIYの基礎知識

意外と知らない!「ネジ」の基礎知識

職人技が光る!足場工事の種類と歴史

建設業界でよく使われている建具とは?

運営会社 / 関連事業