produced by ACE

DIYで使える!加工のしやすいオシャレな木材・合板は?

2019.6.5

Construnction Industory Media

こんにちは!POPCONEモデルのまほです!

みなさんは、DIYで何か家具や物を作ったことがありますか?DIYにチャレンジしてみるともの作りの楽しさ奥深さがわかってきます。設計図作り建材選びネジや釘選びなど、考えることはたくさんあります。手間と時間がかかるから味わえるこそ達成感、完成したものへの愛着、喜びがあります。

今回はそんなDIYにチャレンジするにあたって知っておきたい木材の種類や特徴などについてご紹介しようと思います

 

木という素材の特徴は?

木の最大の特徴は生きているいうことです。

木は呼吸することによって湿気を吸ったり吐いたりします。それは地面に立っていたときだけの話ではなく建材として加工された後も同じで、DIYで上手に作れた!と思っていても木材が反ってきて形が崩れてしまうことも多々あります。

木材の性質を知っておくことで、こうした失敗を大きく減らすことができます。

では、どのような種類の木材があるのかを見ていきましょう!

 

DIYで使える木材

スギ

スギはDIYでも主役として活躍できる木材です。主な特徴は以下の通りです

  • 価格が安い
  • 柔らかい
  • 木目が綺麗

価格が安い、柔らかくて扱いやすいというのはDIYでこの上ない強みですよね。ただし柔らかいた、強度が必要な家具などにはあまり向いていないとも言えます。色は少し赤みを帯びていて、木目が鮮明で綺麗なのが特徴です。

マツ

マツは強く丈夫な木材で、昔から日本家屋の杭や梁に使われてきました。主な特徴は下記の通りです。

  • 堅くて丈夫
  • 色が変化する

独特な木目と使いこむほど変化する色味が人気です。欧州ではパイン材としていう呼び名で親しまれていて、日本産のものよりも柔らかく加工がしやすいとされています。

SPF

SPFの特徴は下記の通りです。

  • 価格が安い
  • 柔らかい
  • 湿気に弱く耐水性がない

というのは、スプルース(マツ)、パイン(マツ)、ファー(マツ)の頭文字の総称で、マツ科の針葉樹の総称で三種類が混在しています。色は白っぽく安くて柔らかく加工しやすいことからホームセンターなどで大量に売られています。

釘などを打ちつける際にも、下穴をあけずに直接打ち込めるので便利です。ただし湿気には弱いため屋外の建材としては不向きとされています。SPFでは屋内用の家具や物を作るのにおすすめです。

木材によって、色や硬さが違うんですね!自分のお好みの色や木目を選んで、それが屋外か屋内で使うものなのかで木材を決めていきましょう!DIYではなく建材の木材についても興味がある方はこちらの記事もぜひご覧ください!

 

合板とは?

合板とは薄い板材を貼り合わせた木材のことです。建材としての強度は高く、それでいて安く手に入れることができます

板の厚さも選ぶことができて種類が豊富にあります。表面に突板や木目を印刷したプラスチックを貼り付け塗装が施された化粧合板や、表面に化粧単板を張った複合フローリングなどがあります。

化粧合板は一般的にベニヤ板と呼ばれています

ファルカタ合板

ファルカタ合板は合板の中でも最も軽く柔らかいのが特徴です。DIY初心者でも安心して扱うことができ、綺麗に仕上げることができるとしてDIY合板とも呼ばれています。

ただしデメリットとしては、柔らかいがために凹みや反りやすくなっています。強度が必要な場合は厚さのあるものを選ぶと、多少そのデメリットを防ぐことができます。

OSB合板

OSB合板は木片を集めた板でひと目で判断できるデザイン性があります。作っているメーカーにもよりますが、表面がつるつるしていて滑りやすくなっていて固い建材なので、DIYをする際には少し加工しにくい面もありますが、独特なデザインをしているため特徴のある家具や物を作る時におすすめです。

北米ではその強度が高いこととエコ対策になることから、床や壁に使われていることがあります。

MDF合板

木くずよりも小さく分解されたものを圧縮して作られていて、100円ショップでも売られている合板です。紙とほぼ同質の位置付けであり、板の表面に文字や絵を書いたりすることができ、色がとても綺麗にうつることが特徴です。

 

まとめ

木材は生きているため、湿気を吸収し収縮したり板が反ってくることもあります。木材の特徴を理解するとDIYでの失敗も防げるようになります。

木材をしっかり選んで、楽しいDIYに役立ててくださいね!

以上、まほでした!次回もお楽しみに!

この記事に出てきた人

オススメ記事

毎日のお風呂を快適に!浴室の「床材」の選び方

躯体三役のひとつ「型枠大工」ってどんな仕事?

大規模修繕工事時のトラブルを未然に防ぐための心がけ

躯体三役のひとつ「鉄筋工」ってどんな仕事?

運営会社 / 関連事業